« 八王子七福神巡り(1) | トップページ | 大塚ひかり著『くそじじいとくそばばあの日本史』 »

2021年2月23日 (火)

八王子七福神巡り(2)

御所水。松姫が出家をして心源院を離れ、移り住んだ御所水。八王子宿の甲州街道を挟んで南側にある。湧水地があり、草庵があって、子供たちに教えたり蚕を飼っていたんだなあと想像する。
今は御所水弁財天がある。その少し歩いた北側になるところに松姫の信松院が建った。
1_20210223134901

.信松院・・布袋尊(家庭円満)
本堂は中国のお寺のような派手な感じで屋根の形が目立つ。松姫のお寺というイメージとは違う。
2_20210223134901
入り口には松姫の東下之像。
3_20210223135001
観音堂の中。
4_20210223135001
正面は聖観音菩薩で、左におられるのが松姫様か。
5_20210223135101
布袋様は地下にいらっしゃいました。大きなお腹も今は触れない。これを機に今まで随分いろいろなものに触って撫で撫でしたことも考えさせられました。コロナが収まってからも神経質になり過ぎるのは、体を弱くするからよくないけれども、免疫の弱った高齢者はあまり調子に乗らない方がいいですね。
6_20210223135101
松姫のお墓。武田菱が門にもあったが、ここにもある。
7_20210223135201

次の目的地の金剛院の前に、千人同心の組織化をはかったり、松姫に草庵を贈ったり、八王子宿の建設をした大久保長安陣屋跡に寄り道する。
8_20210223135301
この陣屋跡は産千代稲荷神社にあった。
9_20210223135301

6. 金剛院・・福禄寿(長寿、財運招福)
本堂
10_20210223135401
福寿堂
11_20210223135501
中に福禄寿。いいお顔!
12_20210223135501

7.傳法院・・恵比寿天(商売繁盛)大本山成田山の分院。
こちらに祀られているのは恵比寿様だけど、お隣に大黒様も。二つが綱で結ばれている。
13_20210223135701
弘法大師。裏側には十二支守り本尊が彫られていて、自分の干支の本尊様を撫でてお詣り下さいとのこと。
14_20210223135801
私の守り本尊は普賢菩薩。勿論何でもお詣りするが、欲張りすぎて効果なしのこの頃。
15_20210223135801

8.本立寺・・毘沙門天(開運勝利)
16_20210223135901

本堂
17_20210223140001
毘沙門天
18_20210223140101

絵馬も毘沙門天
19_20210223140101

八王子八福神めぐりを終了し八王子駅ビルのロイヤルホストにてあんみつで休憩。24480歩。
昨年は寄居の十二支巡りでした。
20_20210223140201

|

« 八王子七福神巡り(1) | トップページ | 大塚ひかり著『くそじじいとくそばばあの日本史』 »

コメント

八王子の友人に聞いてみましたらこのお寺は
ご存じでした。
近くの公園に松姫の身投げしたという池が
あるようです。
美味しそうなあんみつですね。

投稿: matsubara | 2021年2月24日 (水) 07:52

★matsubaraさま

松姫様関連でこのお寺は有名なのですね。
小説やWikiでは入水したということは書いてないですが、池に身投げしたという伝説もあるわけですね。それらしい池はわかりませんでしたが。
歩くと甘いものが欲しくなってしまいます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年2月24日 (水) 08:27

お疲れさまでした。
我が近所には七福神はあるのかなあ。
さいごに七福神を巡ったのは浅草、もう20年近くまえです。
そのときも途中で時間切れ、若者と飲み会に急ぎました。それだから罰があたって歩けなくなったかなア。

投稿: 佐平次 | 2021年2月24日 (水) 10:05

この時期は快晴の日が多く散歩には抜群の季節ですね。一番週末から昨日までは無茶苦茶暖かかったですね~!2月だというのにまるで初夏新緑時期のようで、昼休みに散歩していたら汗をかいちゃいました。今週はまた寒さがぶり返しましたが確実に春が近づいていることを実感します。わが近所にある河津桜は完全に満開でした。

投稿: ローリングウエスト | 2021年2月24日 (水) 11:07

こんにちは
 
松姫が出家後に暮らした庵のあった御所水という地は、
湧水もあったのですね。現在よりずっと自然も残っていて
田園風景も広がるような長閑な景色を想像してみました。
子どもたちに教えたりお蚕さんを育てたりしながら、
穏やかで豊かな日々を送られたと思いたいです。
信松院の外観は独特ですね。あまり見ないようなデザインに
感じます。布袋さまが祀られていることと関係あるのかしら。
本立寺の毘沙門天は勇壮なたたずまいですね。
布袋尊は中国に実在したという僧侶から、毘沙門天は
始まりはインド?日本で祀られている神様仏様は遡ると
さまざまな国や宗教にいきついて、各国で宗教間で、
あるいは同一宗教の宗派間で争いが絶えないことが
なんだかなぁという気持ちになります。

投稿: ポージィ | 2021年2月24日 (水) 12:32

★佐平次さま

東京には34ヶ所もあるそうですが、そちらにはないようです。勿論我が市にもありません。
お詣りの途中で飲み会に急いじゃって抜かしてしまわれたのには大笑いです。
私もなにかして罰が当たっています。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年2月24日 (水) 15:53

★ローリングウエストさま

乾燥はしてしていますが、2月は比較的暖かく良いお天気が続きましたね。
3月は、はじめから曇りばかりのようです。
河津桜は今年はどこもきれいでした。
有名どころは閉鎖されて行かれませんが、散歩で満足ですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年2月24日 (水) 15:57

★ポージィさま

こんにちは。
仰るような風景の御所水だったと思われます。
今はすっかり家の立ち並んだ八王寺駅付近です。
3人の姫を育てる養育費までお姫様が担わなければならなかったのが大変ですね。
何も知らないでも、大胆ながら養蚕や織物に熟知した人たちに教えを乞いやっていったというのはやはりしっかりした武田のお姫様だったのですね。
信松院の建物が逆光気味でよくわからないと思いますが、瓦屋根は青、ピンクも一部あり、金もたくさん貼られた建物でしたので、七福神のお寺には他にないので驚きました。
七福神もインドが3つ、中国が3つ、日本が1つで国際色豊かですね。その他、日本神話の神様と仏教、道教、儒教などが混ざり合って山岳信仰の修験道まで幅を利かせていて、それが明治でめちゃめちゃにひっくり返りました。でも一神教(ユダヤ、キリスト、イスラム)の憎しみ合いの戦争(大変で気の毒です)がない日本の八百万神を信ずるのはいいんだなあと思っています。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年2月24日 (水) 16:20

今はこうした仏像にも触れないのですね。
例えばバチカンの聖ペトロ像、世界中の観光客が触っていましたが
それもできないのでしょうね。
第一海外旅行自体ができませんし。
つくづくコロナは世界の様相を変えてしまいましたね。

投稿: zooey | 2021年2月24日 (水) 20:41

★zooeyさま

バチカンの聖ペテロ像、思い出しました。
他にも随分ピカピカになったところを触ってきましたね。
私は大阪のお賓頭盧様も入念に。
本当にコロナはこんなところまで及ぶとは思いもしませんでした。
zooeyさん、早く海外旅行に行かれるようになるといいですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年2月24日 (水) 20:56

tonaさん、こんばんは~♪
御所水って八王子市どの辺かしらと思って、
検索してみたのですが、台町や散田町辺りのようですね。
駅でいうと西八王子あたりでしょうか。
松姫の信松院では観音堂の中まで拝観できて良かったですね。
昨年は寄居、今年は八王子と毎年お参りをされているそうですが、
健康であればこそですね。
今年もたくさんの福が舞い込んでくるでしょう。
七福神めぐりは隅田川と江の島鎌倉七福神しか
経験ありませんが、探せば自分の近くにも
あるかもしれませんね。
ロイヤルホストにてあんみつ美味しそうですね。

投稿: hiro | 2021年2月24日 (水) 21:50

★hiroさま

おはようございます♪
散田町は高校の友人が住んでいました。
そう、西八王子から近いところに、そこから七福神を巡って八王子の駅の方へ近づいて行きました。
八王子の七(八福神)は谷中と違って、お正月ではないのに、殆どのお寺がちゃんと見せてくれたところです。
最近ついていないことが多いので、福が来てくれることを祈りました。
七福神は都内だけでも34ヶ所もあるそうです。都内では4つめです。神奈川県はどうでしょうか。
ケーキより和の餡蜜の方が好きで、出かけたときは結構入ります。さすがの痩せの私もコロナ太りで体重が増えました。
ありがとうございました。


投稿: tona | 2021年2月25日 (木) 08:42

由緒ある場所を訪問しても歴史に疎い私は右から左が多いのですがtonaさんはさすがです。
物知りな上にきちんと予習をしてからお出掛けされるだけあって私などと違い思い入れや記憶に残り方もひとしおなんでしょうねぇ
それでもたくさんの画像とともに一緒に歩いた気分を味合わせて頂きましたよ、感謝です。
高知に中津渓谷というとこがあって渓流沿いを歩きながら七福神めぐりが出来るのですよ。
景色もいいし紅葉もキレイだし何より七福神を探しながら歩くのが楽しくて何度か訪ねてます。
それを思い出しました。
片道30分ほど歩くだけなのでtonaさんの比じゃないですが。。。

投稿: ちょびママ | 2021年2月25日 (木) 14:49

こんにちは。信松院は意外と大きいのですね。雰囲気もややイメージとは違う感じです。

投稿: 多摩NTの住人 | 2021年2月25日 (木) 16:09

日本は本当にいろんな神様仏様が共存していますね
七福神もインド中国、日本の3国からなる神様なのですね。
大きなお腹の布袋様は弥勒菩薩の化身だと聞いた事がありますが
その姿の違いにあまりうなずけません(;^_^A
体のあちこちを触る風習は世界中どこででもありですね。
色が変わるほど多くの人に撫でられた像はこのコロナ禍をどう思っているんでしょう

投稿: ビオラ | 2021年2月25日 (木) 16:33

★ちょびママさま

とんでもないのです。
凄い物忘れで、認知症の始まりではないかと思われるこの頃なんです。
とてもそのことも悲しいし、ちょびパパさんではありませんが、結構あちこちガタが来て(私が少し年上ですね)、出かけることで一所懸命養生し、奮い立たせて出かけるわけです。
出掛けてみると元気が出ています。
あれ、高知に中津渓谷というのがあるのですか。九州の大分にもありますよね。出かけた思い出があるのですが。
七福神を探しながらの紅葉も愛でて素敵ですね。
私もほとんど知らない四国、ちょびママさんのブログで初めて知ることが多いです。四国が意外に遠くて出かけられないです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年2月25日 (木) 20:22

★多摩NTの住人さま

こんばんは。
信松院の印象は思っていたのと随分違いました。
新しくモダンな感じです。
そんなにこじんまりしているという感じではありませんでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年2月25日 (木) 20:26

★ビオラさま

八百万の神といいますものね。
七福神でさえ三国が入り混じっていますし、様々な信仰から成り立っている山伏修験者もなかなか興味深いです。
布袋様は弥勒菩薩の化身なのですか。
全然合わない感じ、どう考えたらよいのでしょう。神話もめちゃめちゃな感じです。
今まで随分いろいろな仏像に触ってきましたね。自分の悪いところを。最初は頭、その後は痛むところや医者に罹っているところを欲張ってたくさん撫でてきました。今は縄が掛かったり注意書きがあったり。寂しいのでは。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年2月25日 (木) 20:43

八王子七福神巡り(八福神巡り)完歩ですね。
八に八、或いは七という組み合わせも面白いと思いました。
歩ける距離に八福神がおられるからうれしいことと思いますよ。
こちらの伊勢七福神、鈴鹿七福神。伊勢の津七福神は
車でなければ回れないほど離れていることがあります。
松姫さまに因むところが多いように感じました。
それだけに様々な意味で親しまれていたのでしょうね。

次はどちらの七福神巡りを計画なさるのでしょう。

投稿: Saas-Feeの風 | 2021年2月27日 (土) 09:54

八王子。名前からして何か意味がありそう。
いつも通り過ぎるだけで、深くは知りませんが
いろいろありますね。
コロナで近場探訪ですか?

投稿: 夢閑人 | 2021年2月27日 (土) 16:22

★Saas-Feeの風さま

弁財天と吉祥天がよく一緒に考えられるとのこと。両方巡ったから八つになったのですが、八王子だから八つとも思いました。
仰るように2万歩ちょっとで歩ける距離ですからちょうどいいですね。
その名も凄い3か所の七福神をめぐっていらっしゃるのですね。車でなければというのがとても大変に思われます。
松姫さまに興味を持っての七福神でした。
次回は全く考えていません。東京だけでも34ヶ所もあるそうですが。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年2月27日 (土) 16:48

★夢閑人さま

八王子の起源は全国にあるそうですが、牛頭天王と8人の王子(八王子)をまつる信仰だそうですね。
そうなんです。
コロナで都内で、しかも電車が空いている時間帯、人があまりいない所の散歩です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年2月27日 (土) 16:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八王子七福神巡り(1) | トップページ | 大塚ひかり著『くそじじいとくそばばあの日本史』 »