« 大塚ひかり著『くそじじいとくそばばあの日本史』 | トップページ | いわゆる食事をしない人 »

2021年3月 4日 (木)

松姫古道~八王子城跡~武蔵野陵墓地

松姫ゆかりの信松院を尋ねた1週間後の今から1か月前、松姫が出家したお寺の心源院から八王子城址に至る松姫古道(心源院歴史古道)なる山道が、登山マップにあったので登ってみました。
この山道は松姫の師匠の卜山(ぼくさん)禅師が、その弟子になった八王子城主北条氏照に会いに行った道だそうだ。名前がついているので松姫も歩いたのであろうか?
北条氏照とは、八王子城主で、後北条第3代氏康の三男で兄氏政が第4代、甥氏直が第5代。4代5代で北条は小田原征伐で秀吉に滅ぼされる。氏政・氏照兄弟が切腹。5代氏直は正室が家康の娘であったため助命される。

高尾駅からバスに乗り、川原宿大橋停留所で下車。心源院にすぐ到着。
心源院は、松姫が剃髪し信松尼の法名を賜ったお寺である。
入り口を入ってすぐのところに八王子千人同心・小谷田子寅の碑があった。天文学、医学に明るく、民衆い慕われた人物だった。
1_20210304151501
鐘楼と本堂。
2_20210304151601

本堂の奥の登山口。
3_20210304151601

霜柱も長く植物も霜で真っ白。
4_20210304151601

ホオジロがいた。小鳥の声が多く、関東ふれあいの道・小鳥のみちよりたくさんいるように思えた。
5_20210304151701

ネンドタケか?  ヒイロタケでした。shikamasonjinさま、いつもありがとうございます
6_20210304151701

15分くらい登ると眺望が開ける。
7_20210304151801

2018年秋の台風の時の倒木。鎌倉の山にもあったし、千葉県のまだ修復出来てない屋根を思い出す。
8_20210304151801

向山北砦(標高286ⅿ)到着後、大六天(315ⅿ)へ行くと筑波山がうっすらと見えた。
大六天の説明・・昔ここにお堂があり、江戸時代に流行った第六の神(世の平穏と男女のめぐりあいを担当している)を信仰する宗教だったころからこの地名になったという。
9_20210304152001

三叉峠到着後八王子城址本丸跡へ向かう。
柵門跡に着き、高丸を通り、九合目の石標を過ぎると眼下が開けた。
10_20210304152101

階段を上って八王子神社に到着。氏照が城の守護人とした「八王子権現」が祀られている。
11_20210304152101

本丸跡に到着(標高446ⅿ)。登山口から約2時間半。
城の中心で最も重要な曲輪だが広くはない。山城には天守閣はなかった。曲輪とは土塁などで囲んで作られた平らな場所。小宮曲輪や松木曲輪を通って来た。
12_20210304152301

頂上から高尾山がそばに。
13_20210304152301

遠くには江の島らしきものが見えた。
14_20210304152401

要害地区から氏照の館があった居館地区に降りてきた。
15_20210304152501

八王子のマンホールカラー版。
16_20210304152501

氏照の館の御主殿跡へ。以前も来ている。そのとき本丸に登っていなかった。
古道を歩いて行くと城山川にかかる木製の曳橋があらわれる(復元)。昔は敵が攻めてくると橋を壊し侵入を塞いだとのこと。
17_20210304152601
兎に角石垣が凄い。
18_20210304152601
御主殿跡
19_20210304152601

すぐそばの根小屋地区(城下町に当たる地区)のガイダンス施設にも寄る。
八王子城のジオラマ。
20_20210304152701

北条氏照及び家臣の墓に寄る。150段の階段を上った先にあった。
氏照の家臣であった中山家範の孫の中山信治が氏照の100回忌に際し、供養塔を造立したもので、両脇に中山家範と信治の墓がある。
21_20210304152801
背後にはたくさんの石造物があった。
22_20210304152801

美山通りに出て高尾駅方面へと向かい、山田うどんでの昼食は鍋焼きちゃんぽん風うどん。
23_20210304152901

最後に武蔵野陵墓地に歩いて向かう。
24_20210304152901
多摩陵は大正天皇の御陵、その東隣の多摩東陵が貞明皇后の御陵、武蔵野陵は昭和天皇の御陵、武蔵野東陵が香淳皇后の御陵である。
多摩陵。
25_20210304153001
多摩東陵。
26_20210304153001
武蔵野陵。
27_20210304153101
武蔵野東陵。
28_20210304153101
ちょうどマンサクの花が満開だった。
Photo_20210304153201

この間歩いた甲州街道を歩いて高尾駅へ。
地元に帰ってまたまた餡蜜を。約28000歩。
29_20210304153201

|

« 大塚ひかり著『くそじじいとくそばばあの日本史』 | トップページ | いわゆる食事をしない人 »

コメント

こんにちは。八王子を色々ご紹介いただいていますが、八王子市民の私は知らないところばかりです。多摩御陵にも行ったことが無く一度は行こうと思っているところです。

投稿: 多摩NTの住人 | 2021年3月 4日 (木) 17:10

★多摩NTの住人さま

御本紹介いただいてから思いがけず松姫関係の所を回ることが出来ました。
その他いろいろ歴史を知ることが出来て感謝いたしております。
多摩御陵は明治天皇の伏見御陵と全く同じ形式であることが写真でわかりました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年3月 4日 (木) 19:12

tonaさんへ
今晩は。28000歩ですか、ご健脚素晴らしいです。きのこは「ヒイロタケ」のようです。鍋焼きうどんは小生も大好物です。早く緊急事態が解除になり、山でも旅行でも自由自在に行けるようになるとよいのですが、。待ち遠しいです。

投稿: shikamasonjin | 2021年3月 4日 (木) 23:11

★shikamasonjinさま

キノコの名前をありがとうございます。
難しいですが、見るのが面白くていつもきょろきょろです。またよろしくお願いいたします。
あと2週間後には都をまたぐことが出来るでしょうか。首を長くして待っているこの頃です。

投稿: tona | 2021年3月 5日 (金) 08:44

山田鍋うどん、うまそうですね。
マンホールの「おすい」の字が達者なので、女の人の名前かと思いました。

投稿: 佐平次 | 2021年3月 5日 (金) 09:31

★佐平次さま

うどん屋さんでなべ焼きはあまりないので、これはとびつきました。
自分で作っても美味しいのに最近怠けています。
なるほど「おすい」の字、繋がっていて素晴らしいですね。全然気が付きませんでした。さすがです!
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年3月 5日 (金) 10:10

こんにちは
 
松姫古道と名前の付いた道もあるのですね。松姫も歩いたことが
あるやもしれませんね。そう思うと親しみも深まるような‥。
小鳥もたくさんいたようで自然豊かな雰囲気が気持ち良さそうです。
八王子城というのは、山全体がお城だったのだなと思いながら
読み進んだところで、ご主殿跡の礎石?やジオラマを拝見。
想像以上に急な斜面もある山で、これは攻める側としては
難儀したでしょうね。もちろん築城も大変だったでしょうし、
ここでの暮らしを支える水食糧等々の補給も大変だったろう
などと想像を巡らせました。
 
餡蜜が美味しそうです~ かなり長いこと食べていません。
食べた~い。今ちょうどお腹もグーグーいいはじめています。

投稿: ポージィ | 2021年3月 5日 (金) 12:24

八王子城のことは友人が20年前八王子に
引っ越した時、聞いていました。
とても行けそうにありませんので、こちらで
拝見できとよかったです。
石垣や礎石で当時が偲べますね。

ホウジロもきれいに撮影されていますね。
野鳥は難しいのに・・・

なべ焼きちゃんぽんもあんみつもおいしそう・・・

投稿: matsubara | 2021年3月 5日 (金) 12:44

★ポージィさま

こんにちは。
姫といえば東海道、愛知県の御油と静岡の見附間が姫街道と呼ばれ、また中山道自体が姫街道と呼ばれていますが、松姫に古道という名がついてもっと細くて暗くてというイメージでした。
実際は今はかなり整備された登山道です。
小鳥の声が聞こえるというのがいいですね。夏になるとオオルリなんかが鳴くのかなあと思ったりしました。
この山城は下から見上げても登るの大変という感じです。これを豊臣軍が簡単に落としちゃったのです。造営がとても大変な山城だったのに。
水は川があって滝らしきものもありました。
ベネチアングラスも出土していてかなり文化度が高かったようです。
2週間続けて餡蜜を食べる餡好きです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年3月 5日 (金) 12:49

★matsubaraさま

八王子城は居住部分は道路からほとんど上がってないくらいなのです。
山のてっぺんの本丸が急登なのできついですね。
私は松姫古道で違う方角から登ったので急登ではありませんでした。
金華山よりずっと低いですね。
北条は濠や石が凄いと思いました。
小鳥の撮影難しいですね。メジロなんか撮れたことがないです。ホオジロは少しじっとしていてくれました。
歩くとおやつまでたっぷりです。これが街道歩きですとお店がなかなかないのが悩ましいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年3月 5日 (金) 13:00

以前よりtonaさんの健脚ぶりに驚いてましたが、今回の記事で尚凄さが分かりました。
と申しますのも、tonaさんが八王子城に行かれた後に私も行ってるのですが
私は八王子城の本殿迄の往復できつくって、氏照の館の御主殿跡は次回にと帰って来てしまいましたが
tonaさんは八王子城は途中に寄ったのだけですものね。

心源院から八王子城址に至る松姫古道(心源院歴史古道)なる山道があった事も今回教えて貰いました。
武蔵陵墓地も行った事が無いので暖かくなったら行ってみたいと思ってます。

投稿: ラッシーママ | 2021年3月 5日 (金) 13:00

★ラッシーママさま

八王子城の本丸は居館地区から登られたラッシーママさんは大変だったと思います。急なので時間は短いけれども。
松姫古道から登ると2時間半かかるのですからだらだらと登った感じになります。
私も御主殿辺りから本丸の方を見上げたら、登るの大変と思いましたもの。
氏照のお墓も階段が150段あってそれでも頑張って一気に上りました。
お天気が良くなったので、朝は寒かったのですが気持ちの良い登山プラス散歩でした。
武蔵陵歩も一度行って見たかったのでついでに行けて満足でした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年3月 5日 (金) 14:10

tonaさん、こんにちは~♪
八王子には子供の頃、何度も行っていますが、繁華街が中心で、
松姫古道や八王子城跡はどの辺にあるのかも知りませんでした。
心源院が松姫古道の登山口になるのですね。
天気も良く、小鳥の鳴き声を聞きながら歩くのは、
さぞ心地よかったことでしょう。
中山信治が100年も経ってから北条氏照の供養塔を建てるなんて
当時の家臣は主君に対する忠誠心が本当に強かったのですね。
武蔵陵墓地は高校時代の友人と訪ねたことがあります。
八王子城跡には機会があったら訪ねてみようと思います。
ありがとうございました。

投稿: hiro | 2021年3月 6日 (土) 11:15

★hiroさま

こんにちは♪
八王子は地図で見ましても随分広い市ですね。
八王子は西半分は高尾山や陣馬のある山地ですものね。
八王寺城は中央線を挟んで高尾山の北側にあるのですね。低山登山向きで歴史もあっていいですね。機会がありましたらどうぞ。
本当に忠誠心の強いのが伝わってくる碑や墓があちこちにありますね。
武蔵野陵墓(地図には武蔵野とありました。失礼しました)は随分広いのですね。
ついでの時に明治天皇の陵墓を伏見に尋ねたくなりました。

投稿: tona | 2021年3月 6日 (土) 12:53

この日も健脚で28000歩ですね。
松姫ゆかりのお寺から続く松姫古道、
往時を偲びながらお歩きになったことでしょう。
本丸跡まで登山口から2時間半とはかなりきつそうです。
高尾山や江の島までも見えるのですね。
ハイキングに絶好のコースでしょう。
北条氏照の館跡が興味深い、こんなに遺っているのですね。
遺物を集めた博物館があると好いのですが・・・。

そうそう、山田うどんも懐かしいです。
相模原にもありましたねえ~。
また味わいたいと思っているのですが
新型コロナウイルスのために
相模原まで行く機会が訪れません。

投稿: Saas-Feeの風 | 2021年3月 7日 (日) 09:24

★Saas-Heeの風さま

小鳥が鳴き、静かなハイキングコースでした。
途中筑波山や頂上付近では江の島の方まで見渡せるということが素晴らしいです。
ここにガイダンス施設がありまして、多くはありませんが展示されています。
2度目なので随分端折ってしまいました。
色々な遺物が出土していまして、驚きました。特にヴェネチアングラスです。

山田うどんご存じなのですね。
私は初めてでした。
街道ではいろいろなお店に随分入りました。
昨日久しぶりに桑名の安永餅を頂きました。懐かしい味でした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年3月 7日 (日) 13:06

随分歩かれましたね。
 八王子も奥に方になると知らないところばかり。
陣馬山の近くに仕事で行ったことはありますが昔のことですっかり忘れました。
 いろいろなところに行かれますが、何かガイドブックがあるのですか?
この辺りにも北条の居があったのですね。だから山城あったのですね。
近場にも探れば沢山の史跡がありますね。
地図を見ながら見ています。ご陵がこの辺りにあることはわかっていましたけど。
初めて見ました。
まだまだ自然の残るところ。都心からこんなに近いところにある、大切にしなければなりません。
中央高速にしろ、圏央道にしろ、自然破壊と騒がれました。

投稿: 夢閑人 | 2021年3月 7日 (日) 16:34

★夢閑人さま

今回の心源院は陣馬山から和田峠に降りたバス道路が陣馬街道のところにありました。
甲州街道を歩いた時も圏央道や中央高速が山の中からぐるっと眺められ、あたりの山の風景を壊していました。
しかしこれらの道路を通ってアルプス方面に随分車で出掛けているのですから文句言えませんが、環境破壊につながっているのですね。
八王子城や滝山城は山城でとくに八王子城は登るのがきついほどです。
八王子はもう西半分は山があるのですからこれ以上開発はないと思いたいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年3月 7日 (日) 19:19

コロナが落ち着いたら是非「八王子城址」に行ってみたいと思っています。
山仲間を誘って、ちゃんとした靴を履いて。。。
松姫が出家したお寺の心源院から八王子城址に至る松姫古道を歩くのが良さそうですね。
ラッシーママさんも八王子城址を紹介していましたが、鎌倉に縁のある北条氏のお城だったのですね。
一夜城で有名な秀吉の小田原攻めまでは栄華を誇った北条氏の勢力に思いを馳せます。
私はまずは今月末の鎌倉歩きから歴史漫歩再開の予定です。
緊急事態宣言がこれ以上延期にならない事を切に願います。

武蔵野陵墓は高尾の東京霊園にある夫の実家のお墓参りに行った際、帰路車で寄りました。
誰も居なくて静寂の中にあったのが印象的でしたね。
お彼岸のお墓参りの度に足を延ばしてあちこち(特に奥多摩方面)行ったことが思い出されます。

投稿: nao♪ | 2021年3月 8日 (月) 18:45

★nao♪さま

お家のお墓は武蔵野陵墓の少し先のバス道路際にありますね。通りました。
その中間あたりを左に曲がりますと八王子城址がありますね。
東京霊園をもう少し行きますと川原宿のバス停がありそこに心源院があります。そこから登った方が長い距離で高度を上げますから楽です。
ラッシーママさんは苦しいルートから登られています。頑張りましたね。
バスはそこから左に曲がるルートが陣馬街道で、陣馬山下の和田峠に着きますね。
北条のお城、あと滝山城、片倉城、箱根の方の山中城の跡を見ています。
豊臣勢は一晩で落としてしまうほどの勢いだったことに驚きます。奥多摩の山がnao♪さんを待っていますよ。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年3月 8日 (月) 19:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大塚ひかり著『くそじじいとくそばばあの日本史』 | トップページ | いわゆる食事をしない人 »