« 吉田智彦著『信念』東浦奈良男~一万日連続登山への挑戦 | トップページ | 甲州街道6 関野宿~上野原宿~鶴川宿~野田尻宿~犬目宿~下鳥沢宿(2) »

2021年3月31日 (水)

甲州街道6 関野宿~上野原宿~鶴川宿~野田尻宿~犬目宿~下鳥沢宿(1)

3/25(木)緊急事態宣言解除になっていたので、街道歩きを再開しました。まだ中山道は遠くて無理そうで、近い甲州街道へ。この日は曇りでした。
6時39分に乗り、藤野駅に7時20分着で7時半から歩き始める。この日は桜や桃が満開で特に談合坂辺りはまさに桃源郷のようでした。
この6つの宿の区間はJR中央本線の藤野・上野原・四方津・梁川・鳥沢駅の間になります。

前回の最後に撮影した緑のラブレターのそばは桜が満開。
1_20210331184101

歩き始めるとすぐイノシシが出るという看板が。
2_20210331184101


関野宿(10番目の宿)
 相模国の西端の宿で、本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠3軒。明治から昭和の3度の火災で何も残っていない。関野本陣跡の説明板のみ。
3_20210331184201

増珠寺。参道口に関野宿講中と刻まれた庚申塔(左 1781年)と追手風喜太郎が建立した「安昌久全信士」碑(1829年)がある。
追手風喜太郎は、大関になり、引退後も相撲界の発展に寄与したお相撲さんだそうだ。
4_20210331184301
階段を上がっていくと本堂があり、お地蔵さんがたくさんいたが、一つの石に横並びに六地蔵が彫られているのが珍しい。
5_20210331184301

このあたりには新しい標柱がいくつか立っていてこれは「甲州古道坂の上」。後方のウルトラマンが大きなマスクをしていた。
6_20210331184401

こんな道を上野原宿に向かって行く。アップダウンが激しくなってきた。
7_20210331184401

相模川が緑色だ。
8_20210331184501

ミミガタテンナンショウ
9_20210331184501

境沢橋が相模国と甲斐国の国境(神奈川県と山梨県の県境)で境沢橋を渡ってからUターンして上野原市に進むのだったが・・
間違えて直進して境川橋を渡ったため、桂川を見る事が出来た。山中湖から流れ出てきた桂川は反対側で相模川となる。
10_20210331184601

諏訪関(番所)跡。武田家が設置した「甲斐二十四関」のひとつで、明治2年廃止。その後渋沢栄一の別荘になったが移転。
11_20210331184601

慈眼寺。ここには愚痴聞地蔵尊がある。大きな耳に手を当てて一所懸命聞いてくださっている。思いっきり愚痴る。
12_20210331184601

続いてのお寺は船守寺。船守り弥三郎の碑がある。
この地の出身である弥三郎は伊東で漁師になり、日蓮聖人を「まな板岩の流罪」から救い出した。1955年、伊東市蓮慶寺から弥三郎の遺骨を分骨し、ここに祀った。
13_20210331184701

諏訪神社。「稲妻に悟らぬ人のとふとさよ」と、甲州街道にも芭蕉句碑があるのでした。
14_20210331184801

旧甲州街道碑。
15_20210331184801

ここで上野原のマンホール発見。桂川の鮎と市の木である山もみじがデザインされている。鮎釣りが盛んのようだ。
16_20210331184801

疱瘡神社到着。
万治4年(1661)創建。水疱瘡や皮膚病に御利益のある神社だ。他の街道でも見かけた疱瘡神社。
17_20210331184901

神社の裏手には塚場の一里塚が。今はないが塚木はモミの木だったそうで、江戸から18里目。
18_20210331184901


●上野原宿(11番目の宿) 本陣1軒、脇本陣2軒、問屋2軒、旅籠20軒。ここも明治と昭和の大火で宿並は焼失してしまった。
四方崖高く、この崖の上の曠野であるところから「上の原」の地名になった。
上野原の名物は酒まんじゅうとのことで、高嶋屋酒饅頭店にておやつとおみやげに買い求めた。
19_20210331185001

上野原宿本陣は門のみ残る。明治天皇の行在所となった。
20_20210331185001

山でのイメージのウグイスカグラが通り道にたくさんの花をつけて咲いていた。
21_20210331185101

文政10年(1827)建立の六十六部達成の記念碑、大乗妙典廻国供養塔。法華経を66回書写して、一部ずつを66か所の霊場に納めて歩いた巡礼者。 室町時代に始まるという。 (仏像を入れた厨子を背負って鉦(かね)や鈴を鳴らして米銭を請い歩いた者のことも言う)。
22_20210331185201

木食白道上人加持水井碑。文政10年(1827)建立の井戸跡碑である。原集落に井戸がなく、不自由だったのを上人が加持を行い井戸を掘り当てた。
23_20210331185401

鶴川宿へ向かう。
24_20210331185501

鶴川を鶴川橋で渡ると向こうは鶴川宿である。
25_20210331185501

(続く)

|

« 吉田智彦著『信念』東浦奈良男~一万日連続登山への挑戦 | トップページ | 甲州街道6 関野宿~上野原宿~鶴川宿~野田尻宿~犬目宿~下鳥沢宿(2) »

コメント

tonaさん、おはようございます♪
桜満開の中、街道歩きを再開できて良かったですね。
藤野や上野原は中央高速で通過する位なので、
詳しいことは知らないのですが、
芸術家が多く住むアートのまちだったり、初心者向けの里山が
多い所と聞いたことがあったので、一度は歩いてみたいと思っていました。
国道20号沿いではなく、旧甲州街道を歩かれたようですが、
風化して読み取りにくくなった石碑や
一つの石に横並びに彫られた六地蔵などに
古い歴史を感じることが出来ました。
ウグイスカグラは高尾山で一度見たことがあります。

投稿: hiro | 2021年4月 1日 (木) 07:54

★hiroさま

おはようございます♪
はい、丁度お花見が出来ました。
もうすぐ東京は感染爆発が起こりそうで、また出られなくなりそうです。昨年から合間にあちらこちらで混同してしまいそうです。
それなのに読んでいただいて恐縮です。
藤野や上野原は登山で数回訪れましたが、いいところですね。
国道20号線は殆ど歩くことなく旧道は細い道、太めの道いろいろですが、車が殆どなく排気ガスを吸いませんので気持ちいいです。
タダ低山登りのようなアップダウンがある旧道ですので日ごろの訓練で補っています。
石仏が古いですね。半分欠けてしまっているのもあります。
ウグイスカグラがこんなに花をつけているのに驚きました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年4月 1日 (木) 08:24

甲州街道はまず歩くことはありませんので
どこも珍しく拝見しました。

ミミガタテンナンショウもウグイスカヅラも
見たことはありません。

関西にいました時、庚申塔は、関東でしか見られ
ないと聞いていましたので、関東で見つけた時は
嬉しく思いました。

投稿: matsubara | 2021年4月 1日 (木) 09:25

活動再開ですね!
船守り弥三郎、なんかもっと面白い話がありそうです。

投稿: 佐平次 | 2021年4月 1日 (木) 10:09

こんにちは
 
花も増え、気持ちの良い陽気の中での街道歩き再開と
なられましたね。いよいよ相模国を出て甲斐国へと進んで
行かれたのですね。かなり山間のイメージのところもあれば、
それを忘れるような雰囲気の上野原宿辺りのような所も
あるのですね。
疱瘡神社やお地蔵様は色々なところでありますね。
今現在は新型コロナですが、人類は長い間に次々と
様々な疫病との戦いを経てきているのだと改めて知る思いです。

投稿: ポージィ | 2021年4月 1日 (木) 15:44

★matsubaraさま

標高が300~600ⅿ近くまでありますので山らしい植物が見られました。
関西には庚申塔がないとは知りませんでした。そういえば九州にちょっといたのに全然見ていません。国東半島の仏像群だけでした。
いろいろ知りたいことも多いですが、時間が限られてきてしまいました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年4月 1日 (木) 15:58

★佐平次さま

もうすぐ出かけられなくなりそうですね。
合間合間ですからどこの続きかさえ忘れてしまって。甲州街道は次々回には通行がストップしているところありと言うことで、そうすると今度は日光街道となりますが、その前に東京から出るなとなりそうですね。

池上 義一が小説 「船守弥三郎」を書いているようですがとてもそこまで読めません。
佐平次さんではないですが図書館から次々予約本が私の番になって回ってきます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年4月 1日 (木) 16:06

★ポージィさま

こんにちは。
丁度桜・桃が同時に満開でした。
街道も高尾を過ぎてからはずっとアップダウンの多い道路や山道続きです。
そのため上野原に着いた時は酒饅頭のお店が10軒とかあって賑やかな感じを受けました。

昔は疱瘡もなかなか大変な病気だったのですね。いろいろな地蔵を初めてとする石像の多さから、医学も科学も発達していなかった時代に、いかに神仏を頼りにしていたかの証です。
なすすべもなく亡くなっていく身内に多くの涙が流されて、ちょっとでも救うべく祈っている姿が路傍にも見えてくるようです。
医学が今ほど発達していなかった100年前のスペイン風邪はコロナより悲惨でした。今のコロナはもし医学が発達していなければ100年前以上に恐ろしい感染症ですね。人類は次々と試され、これからも恐ろしい目に遭っていくのです。
少しでもご迷惑かけない老人でいたいと思います。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年4月 1日 (木) 16:22

相変わらずお元気で歩いていらっしゃいますね。
桜や桃の花がさぞ綺麗だったでしょう。
スペイン風邪では世界で4千万人が死んだと言われていますね。
かたやコロナは、死者は今のところ300万人弱。
でもこれからどこまで増えるでしょうね?
ワクチンの普及を願うばかりです。

投稿: zooey | 2021年4月 1日 (木) 23:03

★zooeyさま

毎日地元の国分寺崖の坂道を歩いて鍛えるようにしています。
甲州は桃の名産地、いたるところに桃が植えられています。勝沼の方には間に合いませんでしたが満足です。

スペイン風邪は日本でも今と比較にならないくらい感染者と死者が出ていますので驚きました。100年前と違って今はワクチンが開発され期待したいところです。ワクチンがなければ3年間では終息もおぼつかないそうですからね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年4月 2日 (金) 09:27

こんにちは。「境沢橋?」と思って地図を確認しました。なるほど旧甲州街道は相模川の北側から「境沢橋」を渡るのですね。私は「境川橋」からスタートして相模川の南側を走り、藤野駅付近の弁天橋を渡って旧甲州街道に合流したのでした。その後旧甲州街道を東進し相模湖東端の相模湖大橋を渡りました。川沿いを走るのが目的で途中の名所はほとんど飛ばしています。次はゆっくり訪れてみたいですね。

投稿: 多摩NTの住人 | 2021年4月 2日 (金) 18:25

中央線の藤野駅と言えば山頂の桜が有名な「生藤山」に登る時に降りた駅として思い出しました。
桜の季節に陣馬山まで縦走しました。
ハートのラブレターも中央線に乗るたびに車窓から見ましたね。
藤野駅は我が家からは遠かったのですが、、、
その近くの甲州街道沿いの関野宿が我が家と同じ相模の国とは驚き、俄然興味が沸きました。
確かに近くに相模湖があり、神奈川と山梨の県境ですものね。
我が家近くのJR駅の反対側は武蔵の国だったそうです。
古い地図を見てみたくなりました。
私が緊急事態宣言解除後最初に行ったのは、相模の国の一之宮「寒川神社」でした。
3月24日で桜はまだ6分咲程度でした。
同じ相模の国でも海に近い所より山に近い甲州街道沿いの方が今年の桜は早かったようですね。


投稿: nao♪ | 2021年4月 2日 (金) 19:31

街道歩きが再開できて良かったですね
そしてそれは桜と桃が同時に見られる良い時に重なってうれしい事でした。
マムシソウやウラシマソウにきれいな色をつけたような
ミミガタテンナンショウは初めて見聞きしました。
一つの石に横並びの6地蔵さまや大きな耳の
愚痴聞地蔵など珍しいお地蔵様にも出会えました。
古より人々は疫病の恐怖は神仏に祈ることで逃れようとしてきたのですよね
今は神や仏に変わるものとしてワクチンが出来ましたが
そのワクチン接種がなかなか進まないのがもどかしいです

投稿: ビオラ | 2021年4月 2日 (金) 20:11

★多摩NTの住人さま

おはようございます。
境川橋と境沢橋と紛らわしい名前で、間違えて再び神奈川県、多摩NTの住人さまが渡って相模川の南側を走られた道に入ろうとしたのです。すぐおかしいと思って戻りました。
走られたコースはよくわかります。弁天橋や相模湖大橋も前回見てますから。起伏に富んだところを走られるなんて凄いですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年4月 3日 (土) 08:16

★nao♪さま

私も生藤山に登っての帰りにラブレターを見ました。山がどんな山だったか忘れています。
神奈川県は相模湖よりさらに北側に広がっていて、陣馬山や生藤山が県境にあるわけですね。
お宅の方からずいぶん遠く感じられます。
相模原市も大きくなって一番北側までなのですね。
1昨日寒川神社の方へ墓参に行ったわけですが、確かに桜が満開でした。
ですからおっしゃるように1週間前に満開だった相模湖以西の桜は終わりに近くなったでしょう。
都心も早かったのですね。今朝の映像では千鳥ヶ淵はもうほとんど花が散っていましたね。
甲州で咲いていたツリガネスイセンは我が家はまだ蕾が固いです。あちらの方が寒いと思っていましたから意外でした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年4月 3日 (土) 08:37

★ビオラさま

はい、再開したものの、日に日に感染者増加でまた頓挫しそうな感じになってきました。
福島県の三春は梅と桜と桃が同時だそうですが、甲斐の国は桃と桜が同時のようです。
ミミガタテンナンショウは仏炎苞の口辺部が耳たぶのように両方に分かれていますでしょう。そこで区別するみたいです。あとムサシアブミとかユキモチソウとか似たのがありますね。

東海道や他の街道を少し歩いて、いかにお地蔵様が多いかです。
今回は珍しい2種に出会い楽しかったです。
医学が発達していなかった時代、神仏頼みで熱心に拝んだ人々の名残ですね。
ワクチン、日本はヨーロッパの仲間でないですから、優先順位が低くてあまり期待できません。それに各ワクチンの信憑性や変異するウィルスに対応していけるのか、1年くらい体内でもつのか、わからない点も多くもどかしいですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年4月 3日 (土) 08:55

tonaさん、こんにちわ。
いつもいつも読み逃げばかりで申し訳ありません。
余りに見事な内容でコメントを入れるのも恐れ多くて・・・・。

街道歩き、再開されたそうで良かったですね。
いつどうなるか分からない現状で、行けるとき行く、できるときにやる、これしかありませんものね。
ぐずぐずしていると老い先短い私たちは悲しい老後となりそうです。あら!すでに老後ですけど。

あの💌はいつも中央高速を走る時、見かけます。
また上野原、藤野は近辺に程よい高さの里山が多く、特に藤野駅はよく利用させてもらっています。

夫も退職後5街道を踏破しました。
性格に旧街道を歩くのはなかなか難しいと申しておりました。
どうぞお気をつけてこれからもお楽しみください。

投稿: 花水木 | 2021年4月 3日 (土) 11:16

★花水木さま

こんにちは。
コメントいただきありがとうございます。
ご主人様が5街道を踏破されたことを以前知っていたのですが失念していました。凄いことですね。登山もされるし、お元気で何よりです。
私は高齢ですし時間がないので今のうちにと思っていましたら、昨年からあまり出かけられなくなってとても残念な思いでした。
しかし仰るように今を大切にし、行かれるときに注意しながらどんどん行動ですね。希望は中中山道踏破なのですが。
焦っても仕方ないのでなるようにしかならないと思っています。
藤野に住んでいる方が山で一緒になったことがありますが、とてもいいところですと言っていました。芸術作品を見て歩くのもいいそうですね。
旧街道は本の地図だけではとても行かれません。詳しい地図やグーグルマップでどうやら迷わないでという状態です。私は後について歩くので精一杯です。ご主人様はよくあんな難しい道を踏破されたこと!温かいお言葉感謝です。

投稿: tona | 2021年4月 3日 (土) 13:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉田智彦著『信念』東浦奈良男~一万日連続登山への挑戦 | トップページ | 甲州街道6 関野宿~上野原宿~鶴川宿~野田尻宿~犬目宿~下鳥沢宿(2) »