« 甲州街道6 関野宿~上野原宿~鶴川宿~野田尻宿~犬目宿~下鳥沢宿(1) | トップページ | 甲州街道6 関野宿~上野原宿~鶴川宿~野田尻宿~犬目宿~下鳥沢宿(3) »

2021年4月 4日 (日)

甲州街道6 関野宿~上野原宿~鶴川宿~野田尻宿~犬目宿~下鳥沢宿(2)

●鶴川宿(12番目の宿) 陣1軒、脇本陣2軒、問屋1軒、旅籠8軒。

渡った鶴川は、甲州街道唯一の川越しの河川で川留になると賑わったそうだ。
広重は「鶴川の流れましかけ 橋を渡りて鶴川の駅 此川水増時留るという 絶景かな」と評している。 

鶴川宿碑のところに東屋があり、ここで休憩してさっき買った酒まんじゅうを食べる。餡と鮭を半分ずつ。鮭のまんじゅうは初めてだがとても美味しいのにびっくり。
1_20210404214701

鶴川神社は旧鶴川村の鎮守。一番天辺までの階段を見たらぞっとしたが登ってみたら「駒つなぎ石」があっただけ。
2_20210404214801

鶴川宿の風景。本陣跡も脇本陣跡もわからない。
3_20210404214801

問屋跡の加藤家。
4_20210404214801

真っすぐな宿場を突き当たると鶴川宿は終わる。
桜の美しい風景が続く。
5_20210404214901

大椚一里塚跡(19里目)。
6_20210404214901

桃など花盛り。
7_20210404215001
8_20210404215001

元気なオキナグサ。
9_20210404215001

寛政12年(1800)建立の立派な廿三夜塔。
10_20210404215101

大椚宿発祥の地の木柱。大椚宿は間の宿だった。
文政2年(1819)建立の念仏供養塔と安永6年(1777)建立の秋葉山常夜燈が残っている。
11_20210404215101

ヤドリギ。
12_20210404215201

大椚観音堂。
中には大日如来座像と千手観音菩薩坐像。
13_20210404215201
14_20210404215201

中央自動車道がすぐそばに見えてきた。談合坂まで1kmとある。
15_20210404215301

さらに進むと芭蕉句碑が。「古池や かわず飛び込む 水の音」。これは3度目か。
16_20210404215301

その隣に長峰砦跡碑がある。信玄が甲斐国の東口を北条の侵略から防衛するため築いたもの。
17_20210404215401


●野田尻宿(13番目の宿)本陣1軒、脇本陣1軒、問屋1軒、旅籠9軒。宿並は明治19年の大火で焼失してしまった。
18_20210404215401

宿の風景。
19_20210404215501

宮田本陣跡は明治天皇御小休止碑が建っている。
20_20210404215501

犬嶋神社。野田尻宿の鎮守で鳥居は金属製だそうだ。今は使われない古びた神楽殿が残っていた。
21_20210404215601

見えてきた西光寺の見学を後回しにして、談合坂サービスエリアに一般道から入る。キノコのほうとうを頼んだが量が多くて半分しか食べられなかった。
22_20210404215601

西光寺。臨済宗のこの辺りの総本山。地蔵の数が多い。
23_20210404215701
24_20210404215801
本堂と庭の一部。庭もなかなか立派であった。
25_20210404215801

住職が蛙好きだそうで境内の至る所に色々な蛙がいて、楽しい!日光街道にも蛙の多い寺があったけれども。
26_20210404215901
27_20210404215901
28_20210404220001
29_20210404220001

(続く)

 

|

« 甲州街道6 関野宿~上野原宿~鶴川宿~野田尻宿~犬目宿~下鳥沢宿(1) | トップページ | 甲州街道6 関野宿~上野原宿~鶴川宿~野田尻宿~犬目宿~下鳥沢宿(3) »

コメント

鮭の饅頭、食べたことがないですが、きっとうまいだろうなあ。
ほうとうはたしかに量が多いですね。
亡母や子供たちと墓参りに行った帰りには、必ず食べました。

投稿: 佐平次 | 2021年4月 5日 (月) 10:47

こんにちは
 
街道沿いのところどころに見られる桜や桃の花がとても綺麗ですね。
昔とさほど変わらない風景かもしれないと思えるひなびた景色に
溶け込んで、時間の流れをゆったりとしたものに変えていって
くれるような気持ちになりました。
 
冒頭に登場の酒饅頭ですが、鮭いりのものがあるとは知りませんでした。
肉まんの鮭版のような感じを想像したらいいでしょうか?
それとも「おやき」風? 食べてみたくなりました。
談合坂サービスエリアは、もうずいぶん前に中央自動車道を
何度か利用した際に、立ち寄っていましたが、ほとんど記憶は
残っていません~ そのサービスエリアで、お昼にほうとうを
食べられたのですね。ほうとうは、食べても食べても麵が
無くならないどころか増えていくように感じることがありますね。
具もたくさん入っていますし(笑)

投稿: ポージィ | 2021年4月 5日 (月) 13:14

★佐平次さま

ほうとうはカボチャを入れて、ほうとう手作りで作ったことは何度もありますが、外食は初めてです。多いですね。
鮭の酒まんじゅうはこの酒まんじゅうの皮に合っているのですね。また買いたいほど。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年4月 5日 (月) 16:16

★ポージィさま

こんにちは。
桜はこちらでも見慣れているのですが、花桃、源平枝垂れ桃や箒桃や普通の桃などピンクや濃いピンクの色がまだ山笑う時期でもない枯れ山の風景を彩ってきれいでした。

鮭の酒まんじゅうは肉まんの鮭版の方と思ってください。皮が鮭に合ったように作られているのか、それとも普通の酒まんじゅうの皮と同じかがわからないですが、行く前は期待していなかったのですが、一応何でも珍しいのは食べよう主義で買ったのが大当たりでした。
談合坂のサービスエリアは富士山が見えるのでしたよね。この日は曇りでダメでした。
ほうとう、全くその通りで食べても次々下からあの太い面が現れて・・・。残す罪悪感にはさいなまれますが年齢と言うことで勘弁してもらいます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年4月 5日 (月) 16:31

こんにちは。地図で確認すると旧道は結構クネクネ曲がっているのですね。ほうとうは良いですね。我が家では冬は何回かほうとう鍋になります。

投稿: 多摩NTの住人 | 2021年4月 5日 (月) 17:37

オキナグサは、なかなか見ることができません。
ヤドリギは、こちらにもありますが、
ここまでは多く着生しているのは珍しいです。

お饅頭もホウトウも美味しそうです。
ホウトウは頂いたことがありません。
いつも娘さんとや食事ができてよろしいですね。

カエルは大抵同じポーズですが、こういう
恰好は愉快ですね。

投稿: matsubara | 2021年4月 5日 (月) 20:38

こんばんは(^o^)/!
甲州街道歩き、再開されたのですね。コロナも一進一退で、思うに儘ならぬご時世ですが、それでもこうして元気に歩くことができる日があるのは、嬉しいことです。

鮭の饅頭があるとは?!ビックリしました。けど、おにぎりの具にも鮭は使われていますし、そう考えると不思議はないかもですが、やはり驚きものですネ (^_^)!

桜や桃がちょうど花盛りのころのようですね。疲れを忘れさせてくれたのではないでしょうか?

ほうとう、美味しそう・・・!まだ一度も食べたことがないのです。ぜひ一度、食べてみたいです。

投稿: 慕辺未行 | 2021年4月 5日 (月) 23:19

★多摩NTの住人さま

こんにちは。
旧道は迷ったりもして難しいです。
小仏バス停以来ずっと上り下りを繰り返していまして、なかなかの運動量になります。
多摩NTの住人さまみたいに走らず歩いているだけなのに。中学生頃でしたか茅ヶ崎から江の島まで走ったことが夢のようです。
ほうとう鍋もご自宅で作られるのですか。
カボチャが入るでしょう。私はもう作っておりません。
ありがとうございました。


投稿: tona | 2021年4月 6日 (火) 09:35

★matsubaraさま

久しぶりにヤドリギを見ました。たくさんついていました。ヤドリギの実に寄る不思議な繁殖の仕方については、最近知りましたので興味深いです。
この1年、外では娘意外とはあまり食事をしておりません。山で離れてでしたね。友人と早くしたいものです。
蛙さんはお花見と同じくこの日一番気に入りました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年4月 6日 (火) 09:42

★慕辺未行さま

こんにちは。すっかり春がやって参りましたね。
緊急事態宣言が解除されたら県またぎも再会でした。とても感染者が少ない山梨県には感染させてはいけないという意識が働きましたが、人もいなくてまあ大丈夫でした。
酒まんじゅうの鮭まんじゅうは珍しいです。こわごわいただきましたが、美味しいのが意外でした。
ほうとうですが、これは味噌味ですから名古屋のうどんに似ているかもしれません。味噌の種類が違うと思いますが。うどんが思い切り太いです!
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年4月 6日 (火) 09:51

酒饅頭ですが子供の頃の寒い冬の日、友達と外で遊びお菓子屋で買って食べた酒饅頭が暖かくて美味しかったのが忘れられません。

鶴川宿や野田尻宿は昔と変わらぬ風情がありますね。
中央高速を通っての義両親の墓参りや旅行の帰りには、必ず談合坂サービスエリアに寄って野菜などを買って帰ります。
「ほうとう」はよく義母が作って食べさせてくれましたが、義母の味はうどんをじっくり煮込み残った小麦粉も鍋の中に
できあがった「ほうとう」はネッチリしてて、お店で出す「ほうとう」はさっぱりし過ぎてて物足りなく感じますが
お店ではネッチリしたほうとうは汚らしくみえて出せないと思います。

西光寺は立派なお寺ですが、住職がカエルが好きで沢山のカエルがあちこちとは面白い。

投稿: ラッシーママ | 2021年4月 6日 (火) 16:57

tonaさん、こんにちは~♪
鶴川宿や野田尻宿は静かな昭和の雰囲気が
残っていて、なぜか懐かしさを覚えました。
街道沿いのさくらや桃がとても綺麗ですね。
新緑の頃もさぞ美しいでしょう、
ヤドリギは時々見かけますが、こんなにたくさん
着生したのは初めて見ました。
西光寺の住職さん、面白いですね。
ひょっとしたらゲン担ぎなのかも。
カエルは風水的に縁起が良いと聞いたことがあります。
キノコのほうとう、美味しそうですね。
私も山梨に行くとよくほうとうを頂きます。

投稿: hiro | 2021年4月 6日 (火) 17:29

★ラッシーママさま

餡子でなければおやきのような味ですが、まさか鮭とは。それが美味しかったから驚きました。
ママさんも思い出があるのですね。
宿は明治時代からことごとく焼けてしまっていますが、その後このような宿の雰囲気を残していました。
談合坂サービスエリアはバスツアーでトイレタイム。ほうとうを頂いたのは初めてです。
ご主人様の故郷ですからほうとうは名物ですね。残った粉も入れてしまうのですか。無駄がないです!
西光寺は下りのSAのすぐそばです。もう蛙のお寺としてインプットされました。
通るたびに思いだすでしょう。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年4月 6日 (火) 19:34

★hiroさま

こんばんは♪
火事で焼けたしまった多くの宿ですが、確かに江戸時代でなく古き昭和の風情ですね。
甲斐の国が桜と桃と同時に咲くとは知りませんでした。
桃やブドウが富士山の噴火に寄る土壌で美味しいそうですが、実の美味しい桃だけでなくいろいろな桃が植えられているのですね。

西光寺の奥さんらしき方がお出かけするところだったのですが、蛙についていろいろなお話をしてくださいました。そう、ゲン担ぎのようです。縁起がいいのですね。
どうぞごゆっくりと、東京からと来たことを知っていながら親切でした。
きのこのほうとうは美味しかったですが、もう半分でお腹がいっぱいになりました。分量が多かったです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年4月 6日 (火) 19:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 甲州街道6 関野宿~上野原宿~鶴川宿~野田尻宿~犬目宿~下鳥沢宿(1) | トップページ | 甲州街道6 関野宿~上野原宿~鶴川宿~野田尻宿~犬目宿~下鳥沢宿(3) »