« 甲州街道6 関野宿~上野原宿~鶴川宿~野田尻宿~犬目宿~下鳥沢宿(2) | トップページ | センセーション・シーカー »

2021年4月 9日 (金)

甲州街道6 関野宿~上野原宿~鶴川宿~野田尻宿~犬目宿~下鳥沢宿(3)

野尻宿から犬目宿に向かう。

荻野の一里塚跡(20里目)の木柱を過ぎるとまた花がきれいな景色の中を進む。
今日は藤野の駅を降りて樹木の間を歩いた時からずっとウグイスの鳴き声の大射撃。ある時はすぐそばで大音声で鳴いているのに姿が見えない。(後日家の近くで遂にウグイスを見る。生涯で2度目)
1_20210409084901
2_20210409085001
3_20210409085001

この細い坂道を登っていくが、右に見えるのが矢坪坂の古戦場跡解説板である。
武田軍の家臣・小山田勢が北条氏綱(早雲の子)の軍勢を迎え撃って敗退した場所である。
Photo_20210409085001
5_20210409085101
6_20210409085101

武甕槌神社の鳥居前を通過(両部鳥居)、道は林の中へ上がっていく。
7_20210409085201

こんなところにも庚申塔。
10_20210409085201

この先は「座頭転がし」と呼ばれる場所。先行していた者の声を頼りに直進した盲人たちがあやまって谷底に転落してしまったという場所だ。数日前に「瞽女」について読んでいたのでとても痛ましい話として心にしみた。
10_20210409085301

山道を降り、舗装道路に出て犬目宿に入る。
●犬目宿(14番目の宿)本陣2軒、問屋1軒、旅籠15軒。宿並は昭和45年の大火で6割が焼失してしまった。

尾張殿様定宿跡。米山家。
11_20210409085501
尾張のお殿様が犬目宿の本陣でなく、富士山が眺められ眺望がよかったのでこちらに宿泊した。名古屋から西の殿様は東海道混雑時、調整するため甲州街道も利用した。

犬目の兵助の墓。天保四年(1833)以来凶作が続き、同七年(1836)犬目の竹七と兵助が指導し、一揆を起こす。鎮圧後竹七は捕らえられ牢死したが平助は維新後まで逃げ切ったとか。
12_20210409090001
お墓を見て振り向くとなんと富士山の下の方が少し見えた。曇り日だったのに嬉しい!
13_20210409090001

犬目宿の様子。
15_20210409090601

犬目の兵助の生家跡を通り過ぎ、「明治天皇御小休所址」碑があるのが笹屋本陣跡である。
14_20210409091201

岡部本陣跡のところで道は右折、宝勝寺に寄る。
16_20210409091401
葛飾北斎「富嶽三十六景甲州犬目峠」や歌川広重「不二三十六景犬目峠の富士」をこのあたりから描いたというお寺である。
18_20210409091401
可愛い阿吽の席があって、
17_20210409091501
ここから富士山がほんの少しだけ見えた。富士山も随分近くに見えるようになったものです。
19_20210409091501

犬目宿を出て下鳥沢宿へ向かう。

白馬に跨がった不動明王。1803年建立。
20_20210409091601

恋塚の一里塚。南塚が残っている。21里目。
21_20210409091701

何故か聖徳太子塔(弘化2年(1845)建立)があり、10ⅿ位の石畳を過ぎると大月市に入った。
22_20210409091701

くまモンにトトロ。
23_20210409091701
かかし?芸術家が住んでいるのか?
24_20210409091801

せっかく上ったのに、もう降りる一方である。
25_20210409091901

竹藪の中にあるお地蔵様。
26_20210409091901

坂下橋にある素朴な石仏石塔群。
27_20210409092001

大月のマンホールを発見。猿橋、市の花のやまゆり、市の木の八重桜、雲に浮かぶ富士山、桂川の鮎が描かれている。
28_20210409092101

●下鳥沢宿(15番目の宿) 本陣1軒、脇本陣2軒、問屋1軒、旅籠11軒。ここの宿も明治39年の大火で焼失してしまったので何も残っていない。
 下鳥沢宿は上鳥沢宿との合宿。前半問屋業務を務めた。
29_20210409092301

福地八幡神社(村社だった)。
30_20210409092301

鳥沢の一里塚跡は木柱のみだった。
鳥沢駅到着は4時過ぎ。4時21分に特快東京行き乗れたので1時間後に地元駅に到着。

この日は寿司居酒屋にて夕食。
生ビール、白ワイン、しめさばユッケ、しらすのシーザーサラダ、うなぎの柳川風、とろたく巻。

約45500歩。最近ちょっと坂を上る訓練したのと涼しい季節で、あまり疲れなかった。このことを神に感謝です。もうちょっと暑くなるとバテバテになってしまう。

  (完)

自分の事を考えますと、人の歩いた道はわからず想像するだけです。自分で歩いて自己満足しているへたな街道歩き記をお読みいただいて、時には素敵なご指摘を頂き、考えもつかない感想を頂いたりして、本当に有難うございます。まだ歩き続けますので、懲りずに読み飛ばしてでも覗いていただけると嬉しいです。

 

|

« 甲州街道6 関野宿~上野原宿~鶴川宿~野田尻宿~犬目宿~下鳥沢宿(2) | トップページ | センセーション・シーカー »

コメント

犬目の兵助、物語ですねえ。
街道歩き、これで終了ですか?
次を期待していますよ。

投稿: 佐平次 | 2021年4月 9日 (金) 09:42

★佐平次さま、ありがとうございます。

犬目の兵助、どのようにして生きて現れたのでしょう。苦労の連続だったのでしょうか。

1昨日、この続きに行って笹子まで歩いてきました。次は笹子トンネルの上の峠なのですが。
ところが昨日百合子氏が東京から出るなとか言っていました。今日はっきりするでしょう。しばらく足踏みでしょうね。
ダメそうになるまで歩き続けますので宜しくお願いいたします。

投稿: tona | 2021年4月 9日 (金) 09:57

甲州街道は全く知りません。
大月市も未訪です。
走破されおめでとうございます!

次はみちのくでしょうか?

とにかく、すごい、の一言です。

元気なときに車に乗せてもらい
中山道くらい訪問すべきでした。

投稿: matsubara | 2021年4月 9日 (金) 12:25

こんにちは
 
今回は、アップダウンのある道を、45500歩と、かなりの歩数を
歩かれたのですね。
犬目宿に至るまでの間にご覧になった、桃や桜、紫花菜の
花のある景色にいたく感動しました、なんて素適なのでしょう!
そして犬目宿の高い場所からは富士山もご覧になれて。
この富士山を望む景色を拝見すると、ずい分と山深く標高も高い
所に位置しているのだと感じます。
犬目の兵助の起こした一揆は、天保の大飢饉の時なのですね。
洪水や冷害による大凶作。だいぶ山間にあるこの地での
凶作は平野部のそれ以上だったかもしれませんね。
止むにやまれず起こした訴えと行動であっても、一揆は厳罰に
処せられたのですよね?かってはこうした理不尽なことが
ほんとにたくさんありましたね。現代もまた違う形の理不尽が
たくさんあるのですけれど。
花のある美しい気色に心安らぐと同時に、切なさも湧きおこります。

投稿: ポージィ | 2021年4月 9日 (金) 13:06

★matsubaraさま

余りにあちこち街道を歩いて一貫してない上、読んでいただいて恐縮で、途中で変なことを書いてすみません。
甲州街道は1昨日も歩いてやっと半分近くです。下諏訪で中山道に交わるところが終点です。
まだ日光街道も中山道も途中です。奥州街道はまだです。でも五街道を全部踏破するには年取り過ぎましたね。
また東京から出られなくなりそうな雰囲気になってきました。まあ、運の悪いときに歩き始めたから仕方ないのですが。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年4月 9日 (金) 15:48

こんにちは。ウグイスは私もずっと姿を探していましたが先日やっと撮ることができました。地図を見ながら道中記を拝読しています。富士山が背中を押してくれますね。

投稿: 多摩NTの住人 | 2021年4月 9日 (金) 15:52

★ポージィさま

こんにちは。
4万歩を越えるのは暑いと無理です。いつも7,8月は歩きませんが6月と9月は結構蒸し暑くて大変です。自分を叱咤激励して、自分の体のために無理しない程度にしています。
山梨県も団子坂辺りからこの後の笹子峠までの(1昨日笹子まで歩きました)風景は桜と桃の花の風景が素晴らしかったです。ついつい歴史より花見の感じになりました。
北斎や広重が描いたとされる場所で、ちょっと見えた富士山にはありがとうでした。

犬目の兵助の起こした一揆が大塩平八郎の一揆に繋がったそうだと書いてありました。同時期ですものね。犬目さんは生き延びましたが、みんな斬首されてしまって、本当に理不尽です。
あの頃は山梨県には田んぼもなく、富士山爆発で悪い土地にそれにあった果物や野菜を育てているのですから、昔は木曽などと同じでさぞ大変だったのでしょうね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年4月 9日 (金) 16:19

★多摩NTの住人さま

こんにちは。
ウグイスは一度景信山から下山途中で木のてっぺんで啼いていて、ズームで撮影しましたが凄く小さくて模様はわかりませんでした。
先日はすぐ近くでしたから良く見えましたが、きれいに啼いていましたのでスマホは向けませんでした。鶯色が良くわかりました。
地図を見ながら読んでいただきありがとうございます。富士山、富士山といつも騒いでいますね。家から見えるものですからよけいなのです。

投稿: tona | 2021年4月 9日 (金) 16:30

tonaさん、こんにちは~♪
約45500歩ですか。
気の遠くなるような数字です。
近頃、脚力が衰えて、平地ですら10000歩を超えて
歩くことはめったになくなったので、
「座頭転がし」やアップダウンの多い山道をよく歩かれたと
感心するばかりです。

犬目宿は藤野にあるのですね。
桃や桜がたくさん咲いて素敵な里ですね。
尾張殿様定宿跡付近からは富士山が見えたそうですが、
晴れていたら、見事な眺めだったでしょうね。

猿橋は以tonaさんのブログで拝見したことがありますが、
この近くにあったのですね。
一度見たいと思っているのですが、なかなか実現でしません。
寿司居酒屋にての夕食、さぞ美味しかったでしょうね。

投稿: hiro | 2021年4月10日 (土) 11:23

★hiroさま

こんにちは♪
私も途切れて歩いているので心配でしたが、涼しいことが幸いしました。暑さに凄く弱いのです。
最近山に登っていないでしょう。ですから凄く心配して出かけましたが、家の近くの坂での訓練でどうにかなりました。
そしてまた都から県跨ぎをしないようにとなりました。

犬目宿は神奈川県藤野から山梨県に入った上野原市にあります。上野原市には上野原から犬目宿まで4つありまして、次が大月市になります。
木曜日に続きを歩いたのが大月から猿橋、初狩、笹子です。またアップいたしますが、猿橋に以前行って書いたことをよく覚えていらして、hiroさんの記憶力の良いのに驚いています。
居酒屋にもよりますが新鮮な魚介を扱った店はとても美味しいです。自分では作れません。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年4月10日 (土) 16:36

せっかく歩き始めた甲州街道もまたまた足止めの模様で残念ですね
今回も4万歩以上を歩かれて本当にすごいの一言です。
辺りに色とりどりに咲くお花達の景色に足取りも軽く…だったのかしら(*^-^*)
犬目宿ではお殿様も本陣ではなく富士山が見える宿にですか
どうせなら富士山が見える方がいいですものね。
ウグイスの姿はまだ見たことがありません。
今年はその鳴き声もまだ聞けていません

投稿: ビオラ | 2021年4月11日 (日) 11:06

★ビオラさま

ありがとうございます。
そうなのです。先週木曜日に笹子まで行ったのですが、また暫く都から出られなくなりました。
歩くのを怠けると途端に歩けなくなりますので、毎日買い物や散歩で訓練です。友人はデパートの階段を8階まで毎日2,3回上っていると言っていました。
仰る通り、お花をを見ながらですと元気が出ました。
富士山好きの藩があったのですね。何だかほっこりします。
そちらのウグイスはまだ活躍してないのですか。我が家の方でも1か月前から啼いています。地域に寄って随分違うものですね。

投稿: tona | 2021年4月11日 (日) 16:41

 こんばんは。
甲州街道歩き、私達も再開しました。
短距離しか歩かず、また観光もしたので、
3月20日茅野から上諏訪、3月30日に上諏訪から下諏訪終点まで歩き中山道との分岐点も確認してきました。
でも例のごとく中抜き甲州街道歩きなんですよ~。

今回のtonaさんの行程と重なる部分は
関野から上野原までは歩きました。
去年の7月1日だったので暑くて、私がばててしまい諏訪神社で30分も休憩お喋りしてしまいました。
諏訪関跡ははなぜか見つからなかった記憶があります。
印象に残ったのは疱瘡神社。
去年の旅を思い出しながら懐かしくブログ読みました。
上野原から先、鳥沢までは、距離が長く中央線の駅がないので、まだ未踏破。
45500歩は凄いです。
私達の隊長は15000歩しか歩かないと決めているので、なかなか犬目宿には行けそうもありません。

鳥沢から笹後までは歩いているのですが、
笹一酒造には寄りましたか?利き酒も出来て楽しかったです。
関野の駅前では絶品の蕎麦屋がありました。
猿橋のレストランも良かったし、勝沼ぶどう郷のワイナリーでワインと食事したのも良い思い出です。食べる事ばっかり(笑)

投稿: ☆銀河☆ | 2021年4月11日 (日) 23:31

★☆銀河☆さま

中抜きとはいえ、終点まで行かれておめでとうございます。
やっと半分近くまで行きました。ところがまた都県境をまたぐなと言うことで、再開できる日を首長くして待つことになります。
中山道の野尻宿でストップしているので、せめて今年はそこから甲州街道との分岐点まで中山道を歩きたいものです。そこまでも結構長いですが。
諏訪神社では芭蕉碑が見つからず、最後に神社の前にあるのを発見した思い出があります。
疱瘡神社は赤いお社でしたね。私も暑さに弱いので7~9月は歩けません。
15000歩では途中でタクシーを呼ばないと野田尻、犬目には辿り着けないでしょうね。犬目峠の北斎らが描いた地点からの富士山がもっとちゃんと見えたらよかったのですが。秋から冬がいいのでしょうが。
笹一酒造は寄りましたが、コロナの影響か、バスツアーがなく、お客は私たちだけで、熱も測らされて、試飲は無しのような状態です。お酒業界も店からの注文も減り大変のようです。
銀河さんたちの街道歩きは食べることも重視しておられるので、とてもいいことだと思います。勝沼が楽しみです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2021年4月12日 (月) 09:03

お花の美しい季節に歩く古い道・・・
趣もあり、歴史も学べて素敵です。
それにしても44500歩とは驚かされます!
一緒に歩いて下さるお嬢様が、母君がいつまでもお元気でいられるようにとの計画かしら?
羨ましい思いで拝見させていただいています。
居酒屋さんでの飲んで食べての夕食も良いですね。

私はワンゲルに入会したのが遅すぎて、すべての街道歩きは終わっていて残念です。
ならば古い山仲間を誘ってとも思いましたが、皆他の事で忙しくて無理と悟りました。
ツァー登山も考えましたが、コロナ禍では躊躇してしまいました。
もっかワンゲルでの鎌倉歩きは全行程参加の予定で、、、
緊急事態宣言解除後2週続けて20000~30000歩を歩きましたが、今のところはこれが限界でした。
少しお姉さまのtonaさんには到底かないませんわ(汗)
良い刺激を頂いております。
甲州街道から中山道歩きまで、全行程の踏破を祈っています。
それにはまずは憎き「コロナ」の終息が問題ですね。

投稿: nao♪ | 2021年4月12日 (月) 13:32

★nao♪さま

ありがとうございます。元気なうちに歩きたいのですがコロナで延び延びになって焦っても仕方ないですが、年齢との勝負です。歩けるといいのですが。
中央線の駅と旧甲州街道が接近しているところがあまりなくて、先週も続きから笹子まで駅がなくて同じく4万歩を越えました。結構すいすいではなくて最後は腰や背中が痛くなったりしてガタついています。
鍛えられます。歩けなかったらタクシーを呼ぶ手もありますが。
居酒屋さんは選定がいいと美味しいです。お酒に合ったお料理を選ぶのもそうですね。
登山は低山同好会が丁度いいです。ツアー参加は厳しいのでとっくに諦めました。
どんどん高齢化し、仲間もどんどん減ってなんだか寂しい限りです。

ワンゲル、いろいろと残念でしたね。
でも鎌倉制覇ができますと嬉しいですね。
あの山のお仲間がお忙しいのですか。それもまた残念ですね。
コロナで体を悪くしないように頑張りましょうね。

投稿: tona | 2021年4月12日 (月) 16:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 甲州街道6 関野宿~上野原宿~鶴川宿~野田尻宿~犬目宿~下鳥沢宿(2) | トップページ | センセーション・シーカー »