2006年5月10日 (水)

ガリレオ温度計

Garireoonndokei_4 ガリレオ温度計

ガリレオが発明したものと形状は異なるが、ガリレオの発見した液体密度が湿度に関係して変化するという原理を利用してこの名称が付けられたようです。
気温に応じて温度計の中のガラス球が浮いたり沈んだりします。それぞれのガラス球は温度を示すプレートが付けられていて上に浮いている球の中で最も下にある球が現在の気温を表わしています。数千円から3万円くらいまであり、12℃から34℃まであるそうです。
ちなみに私が手に入れたのは300円で18℃から24℃まで4つのプレートしかありません。安いから仕方ない。温度計というより癒し系のインテリアです。
今3時現在20℃です。

此処2,3日の散歩で出合った木や花

ユキモチソウ(サトイモ科、仏炎苞の付属体の先端が丸く膨れて雪白の餅にたとえた命名)
ハッカクレン(八角蓮、ミヤオソウ、中国原産の多年草)

Yukimotisou_2 Hakkakurenn_2

セイヨウバクチノキの花、桐、白雲木、ナニワノイバラ

ジャケツイバラ、エンレイソウ、アマドコロ、オキナグサが翁になっていた。

Seiyoubakutikunoki Kiri1_2 Hakuunnboku2 Naniwanoibara_5

Zyaketuibara_2 Ennreisou_4 Amadokoro_2 Okinagusa_6

トイレットペーパー(ないそうで、便座もないところが多い)を持って、行ってからもルーヴルに換えないで(日本円には戻らない)、
警察官にパスポートを見せろと言われても決して手から離さず(返してもらえなくなるらしい)、絶対にスーパーに入って買い物をしない(入る際手荷物を全部預けなくてはならない)覚悟で、

12日から19日まで機体が古いと言われているロシア航空(元アエロフロート)に乗ってロシアに行ってきます。

| | コメント (21) | トラックバック (0)