2016年3月27日 (日)

雑大「味わい教育」と本『揺れる移民大国フランス』

雑大の講義は「味わい教育 感じるとおいしくなる魔法」でした。

前掛けをして現れた先生、学習院女子大学の品川明教授はいつも講義で前掛けをしているのだそうだ。
下手なうえに聞きながらの走り書きで、正確ではないですが、面白い構図の前掛けでした。381x450

生徒たちにアーモンドを持ってきてくださって、「まず食べよ。次に鼻をつまんで食べよ」ということで、違いを知ったわけだが、鼻をつまむと香りが非常に強くなる。

・口に入れるもので、非生物は何?(水、塩、空気)から始まり
・生き物を殺したり、傷つけたりしないで食べられる食は何?(牛乳、無精卵、蜂蜜)とか
・「有難う」の反対は?・・・これは答えがいろいろ出たけれども正解が出なかった。答えは「当たり前」
・お椀の中に地球が見える。4行詩を作ろう。
などいろいろな問題やアクティビティがあってあっという間の2時間でした。いまに日本人はやわらかいものしか食べられなくなるでしょうとのこと。食の現状や背景を把握し、常に新しい食教育が必要になってくる。

.                   ..。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

増田ユリア著『揺れる移民大国フランス~難民政策と欧州の未来~』

昨年のシャルリ-・エブド襲撃事件、パリ同時多発テロでその衝撃と恐怖に支配される欧州。そしてシリアやアフリカから押し寄せる難民に揺れる欧州。
人種の坩堝のパリを始め、フランス人は三代前はみな移民という。
えー、信じられないという思い。田舎のブドウを作ってワインを製造する人、ハーブやバラの栽培で香水を作っている人たちが移民なの?と思ってしまう。
沢山の植民地を支配したし、地続きでユーラシア大陸内の移動は航海よりもっと簡単にでき、さもありなん。
貧しさからの脱却、政治的亡命、より高い教育への渇望などいろいろなことで国籍を簡単に取れた欧州の国々。
ここにきて中近東のアラブの春からの嵐、シリア問題、以前からのイスラエル・パレスチナ問題、アフガニスタン問題、もっと昔のカンボジア問題などすべてが絡まって、向上心溢れる素晴らしき脱国者、亡命者などハイクラスのインタビューは感動的。だが、この間テロを起した人たちのその背景をさぐると移民を多く許したつけがたくさん浮かび上がり、私には解決策がちょっとわからない。著者はそれでも移民や難民を受け入れようとする人々がいて、ここにフランスの希望を見るのだそうである。
テレビで映像を見る限り、いやはや大変な問題と感じるばかりです。
と読み終わった所で、ベルギーでフランステロ事件と関係あった人達のまたしても連続自爆テロ。早く全容が解明され、今後の対策へと進めばいいのですが。

今朝のニュースで、日本へ来た外国人労働者の子供の日本語教育は国家予算の支援がなくなり、焼津のように自治体で教育が出来なくなって、日本語学校が廃校になるところが出てきた。日本語を習ってから日本の学校へ入学するわけで、外国人労働者の子供は日本語が出来ないなどいろいろあって不登校の子供が増え、日本での正規の就労が困難になると言っていたが、これこそベルギーのあのテロリストたちが活動始めたそもそもの原因と同じ状態ではないかと危惧される。対岸の火事ではなくなる。

哀れな今年の木蓮 
ヒヨドリが、花が開く前に殆ど食べつくして、咲いた木蓮の花が見られませんでした。
中央の黒いのがヒヨちゃんです。

450x338

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2015年8月27日 (木)

老舗企業の美学

今日の雑学大学の講座名は「老舗企業から学ぶ日本の美学」でした。講師:横澤利昌氏 

老舗と言えば、思い出したいろいろな老舗で、調べてみたら古いのが
塩瀬(1349)、とらや(1526)、聖護院八つ橋(1689)、福砂屋(1624)
月桂冠(1637)、菊正宗(1659)
小田原ういろう(1504)、鳩居堂(1663)、とろろいもの丁子屋(1596)

老舗旅館にもいろいろありそうで、講義で出てきた中で、世界最古のホテルでギネスブックに出ているのが山梨県西山温泉の705年創業「慶雲館」だというのである。1310年続いていることになる。
また世界最古の企業が日本にあって、それは578年創業、1437年間続いている宮大工の「金剛組」は聖徳太子の命で四天王寺を建てたのが始まりという。

日本は100年以上の老舗企業が25000もあるそうでこれは世界一とのこと。アメリカは11000。
何故かというと、家制度があって、血の存続より家の存続が重要であったことと、創意工夫の連続だから。
強みは、たくさんの老舗の哲学と、信用・信頼が第一ということ。

しかし金沢の「森八」が倒産した(その後再生した)など老舗の倒産の最大要因は
①怠慢な社風(わしはずっとこのやり方をしてきたんだ)
②煙草を吸いながら電話を待つという営業の仕方
③聞く耳を持たない横柄な態度
④仕入れ値は相手まかせ
⑤計画性のない発注

そして老舗企業の美学とは
精神美、健康美、外観美、伝統美、生活美、環境美

あらゆる分野で老舗によって伝統ある品々、サービスを守っていってほしいなあ。古い慶雲館にも行ってみたいと検索したら、新しい建物でした。そりゃそうですね。1300年も建物が持つわけないです。

450x300
450x300_2
                      早く食べたい450x300_3




| | コメント (13) | トラックバック (0)

2013年11月11日 (月)

絶望的な地球温暖化対策

先週の雑学大学は、言われて久しい、1950年に気付いた「地球温暖化」についてでした。

今日11日からポーランドのワルシャワでCOP19が開催されている。
COP3の京都議定書では「2012年まで、温室効果ガス排出量を1990年に比べて5%以上削減」という内容でした。
鳩山元総理が2009年国連気候変動サミットの開会式の挨拶で「1990年比で2020年までに25%温室効果ガスの削減を目指す」と表明。
どちらにしてもとても原発事故が追い打ちをかけたこともあって、無理なことがわかって見直しで「2020年までに05年比3.8%減」で固まったところです。

近年の異常気象では大きな災害がたくさん報告される。
フィリッピンを襲った台風30号の被害は1000万人近い罹災者の中に、もしかして1万人の命が奪われたらしいという放送が今日流れたばかり。
日本でも今までにない早い梅雨入り、早い梅雨明け、ゲリラ豪雨、竜巻発生、台風の土砂災害、猛暑日増加で熱中症増加など、来年からが思いやられるほどだ。
地球規模では海水上昇でポリネシア、インド洋の島々が沈没、バングラディッシュの海没、オランダ堤防の拡張などがさけばれる。長い地球の歴史で何度もあった異常だが、近年の気温上昇は著しく100年後は生きていける地域が減るとか。

この原因は95%の気象学者が「温暖化「と言うようになった。
温暖化の要因は太陽活動の変化などの自然要因はあるらしいが、人為的要因として
●炭酸ガス、フロン、メタン、水蒸気などによる温室効果
●森林破壊
●人口増加、70億

この対策としては、ここまで快適な豊かな生活を(していない人も世界には多いのだが)している私たちが、生活を後退させなければ解決できないのだ。
しかし誰一人昔の不便な生活は「いや」だと考える。
結論は「もう無駄をしないこと」だけのようだ。そして一人一人が地球を守る精神を持ち、同時に各自が災害から自分の身を守らねばならないということでした。

        +*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

近所に、直径8㎝くらい、長さ10㎝もありましょうか、ぶら下がっていました。何なのか見当がつきません。御存知でしたら教えてください。
gakiさまとmatsubaraさまに「キカラスウリ」と教えていただきました。有難うございました。
420x280
420x280_2

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

水文学(すいもんがく)

早稲田大学オープンカレッジの他に、今年になって東京雑学大学に入会しました。
週1度ですが、良い点は自分の好きな科目を選べて、休んでもいいわけで、またレポートや試験がないのも私向き。

最近の講座に「水問題の常識・非常識」というのがあって、首都大学東京の川村明教授により水についていろいろな問題を知ることが出来ました。
水文学(水文学)とは天文学、人文学などに対応する学問分野だそうだ。水に関することなら何でも扱う学問。

空気と水と安全はタダと言ってきた日本ですが、空気も花粉やだけでなくにわかに騒がしくなったPM2.5の問題で清浄器やマスクが必要となってくるでしょう。
何時誰が無差別殺人を起こすかわからず、毎日のように人が殺され、天変地異が起こって、決して安全な国でない。
そして水、欧州のようにワインより水の方が高いのをレストランで注文しなくてはならず、日本みたいにお茶や水がタダで供されることなどからタダという感じが持たれると思う。
この頃、ある人たちは水道水は飲まず、飲み水はペットボトルのを買い求めているという。何と水道水の1000倍の値段を払っているそうだ。東京では水が美味しくなって久しいのに。
日本で一番水道水が安い所は山梨県の笛吹市で、一番高いのが熊本県宇城市で笛吹市のなんと15倍の値段だそうだ。

アフリカや中東の砂漠地帯などは水を求めて壺を頭上に載せて、1日5~10時間も歩くとか。それは女性の仕事でもある。何と過酷なことか。数秒でヤカンや鍋に水が入るなんて彼らには信じられないことでしょう。水が乏しいだけでなく濁った水、衛生的でない水を飲料水にしている人は8億人。
水不足と水汚染が原因で年間400万人の死者が出ているというから驚く。

地球上の水の量は14億キロ立法メートルだそうだが、地球が出来たときからほぼ一定という。使っても減らないし、雨が降っても増えない。問題は、多すぎて洪水、少なすぎて干ばつになることと、年々汚染されるということ。また地下水が危機的状況にあり、河川の断流(黄河やインダス川やコロラド川など)も問題になっている。
20世紀の世界人口は3.8倍となったが、水使用量は6~10倍となって水不足を招く。
日本は雨が良く降り、梅雨もあって、約1億3000万人の人がたくさんの水を使えるという、世界でも特異な国という。何と有難いことと蛇口を手を当てるたびに思う。
しかし地震大国であり津波災害は免れず、また台風襲来地で犠牲者が多く出ることも否めない。治水の問題もまだまだ研究していかねばならない事項です。

人間の生命など多岐に関わる水は、川や滝や湖や海として私たちを癒し喜びを与えくれる一方で、生命を奪うという環境問題にも絡む水問題として奥が深い。
水に関する思い出はどなたにもいくつもあるものですね。

                                                      2月13日
Photo

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

江戸・東京地名の話

ローカルな話ですが、
母校同総会の講演『江戸・東京の地名の話』を聞きに行ってきました。
2012_05120001 同総会の会場に入る前、何十年ぶりに構内に入らせてもらったら、正面突きあたりに校歌の歌碑がありました。
数日前に<日本・心の歌>で正憲皇太后の「金剛石」を聞いた時の歌詞に少し似ています。「金剛石も みがかずば 玉の光は 添わざらん・・・」。それも道理、校歌も皇太后から下賜されたものだったとのことでした。
玉も鏡も磨かなければ何もならない。学問の道も同じだ。ということで
学生時代もこの校歌の自覚なしに過ごし今日を迎えてしまったことを、今更反省しても遅かったです。もう少しまともな人になっていたでしょうにと。

「江戸・東京地名」の話では興味深い話を聞くことが出来ました。
江戸(エド)の江は水や川の事、戸は処。「水とか川のある所」「川の水が海に入る所」の意であった。
家康が武蔵国豊島郡江戸庄に入り江戸となり、明治新政府が江戸府とし、すぐ西の京(京都)に対し東京府とする。明治22年に東京市とし、昭和18年東京都に改変した。区も15から35、昭和22年に23区となった。
先生作成の1600年頃の地図を頂いたが当時の地名に特徴があるし、今も残っている。
下町は島が住むのに都合がよかったそうで、湯島、向島、三河島、牛島という名前が残る。
山の手は高台のことで、高い所より谷や窪地に水があるので住むのによかったので、谷(や)澤がつく地名が多い。
日比谷、市ヶ谷、四ツ谷、千駄ヶ谷、渋谷、富ヶ谷、幡ヶ谷、阿佐が谷、世田ヶ谷、祖師ヶ谷
奥澤、深澤、駒澤、北澤、荻窪

中央線に「御茶ノ水駅」があるが、「お茶の水駅」とばかり思っていた。
「オチャノミズ」はJR御茶ノ水駅辺りの場所の事であるが、地図にも「オチャノミズ」という行政上の町名がないから不思議である。
明暦(1655~1657年)の地図に今の御茶ノ水駅の濠端に2つの池が描かれ「御ちゃノ水」と注記してある。将軍秀忠に献上された高林寺の湧水の可能性が高いという。これが起源のようであるが町名はない。
「オチャノミズ」は交通機関の用語だけでなく、信号機や郵便局やビルや店の名称に使われている。
御茶ノ水、お茶の水、御茶の水、おちゃのみず、おちやのみず、Ochanomizu、都庁で配っている中国語版地図では御茶之水となっているそうだ。
帰りに見てみると郵便局では二通り書いてあったし、橋の名前として右側には「おちゃのみずはし」、左側には「お茶の水橋」と書いてあるのが面白い。
日本の地名は2億もあるという。そのせいでもないでしょうが、日本の町は世界で1番わかりにくいと言われている。

                  クサノオウの草原(飯能にて)
Photo
                   スイバとハルジオンの草原
Photo_2
                    ハルジオンの開きかけ
Photo_3
                    シオデの花の咲き始め
Photo_4
                       ウシハコベ
Photo_5
                   ニホンカワトンボでしょうか
Photo_6

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

宗教と道徳

オープンカレッジのもう1つの講座が「慈悲の道徳」です。
鎌倉仏教が出た鎌倉時代には、傑出した僧 [法然・親鸞・道元・日蓮・一遍] などがあらわれました。
彼らの教えはかなり異なり、あるいは対立していましたが、同時に共通した要素がありました。
それは迷える大衆を救済しようとする旺盛な慈悲の精神だったというわけです。

まず法然からですが、その前に「道徳的・倫理的生き方」と「宗教的生き方」の比較から始まりました。
前者は「人間はいかに生きるべきか。善とは何か、悪とは何か」
後者は「人間とは何か。人間はなぜ存在するのか」を問う。

ベンサムやジョン・スチュワート・ミルのイギリス倫理学
聖書「イサクの献供」や倉田百三「布施太子の入山」
六波羅蜜、仏の三身から浄土宗の概念までなどなど、2時間休まず難解な仏教用語もたくさん出てきて、居眠りする暇なく、頭フル回転でした。
すっかり学生気分ですが、果たしてどの位理解できて頭に入るのか、かなり復習しなくてはなりません。60数人の中高年が猛勉強といった風情でした。頑張ろうtona。

==============================

娘がブログで買ったと書いていたので、すぐ買いに走った「食べる具材の入ったラー油」です。
具材はフライドガーリックで納豆・冷奴・ラーメン・餃子・ごはん・うどんなどに合う。
そうしたら昨日の新聞に「食べるラー油」のブームが昨年全国で巻き起こったと出ていました。
ご当地ラー油にえび、しじみ、いくらの入った「海鮮ラー油」とか「じゃこラー油」「ほたるいかラー油」、カツオの「漁師のラー油」、海苔の入った「海のラー油」などが紹介されていました。食欲が出そうですね。

Photo Photo_2

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

早稲田大学のオープンカレッジへ

ミーちゃんの縁側」のミーちゃんが昨年の1月9日に亡くなっていたのでした。
何時日記を再開されるかと気にしていましたが。残念なことです。
高齢になってからパソコンを始め、旅行が大好き、外に出かけることをこよなく愛した一方、家の中や庭をこまめに手入れし、朝日夕日を愛でていたミーちゃんの姿が浮かんできます。ご冥福をお祈りします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

入学試験も期末テストもない気楽な大学のオープンカレッジの講座に通い始めました。
教室は大隈講堂の隣の建物。

Photo

講座名は「歴史的町並み景観の魅力ー幕末・明治の町並みを中心にー」というものです。
あまりにタイトルが長くて、人に聞かれても答えられず、町並みがどうとか、江戸時代とか言ってましたが、幕末・明治なのでした。1回目を受けてやっと頭に入った頼りない受講生です。
町並み保存には制度があり、重要伝統的建造物群保存地区は全国に78市町村88地区あるそうです。
それも城下町や宿場町だけでなく、漆工町、茶屋町、養蚕町、港町、養蚕集落、在郷町、醸造町、鉱山町などなどいろいろあるのですね。
保存の制度の意義や目的、国がどう関わってくるかなど学んだわけですが、ビデオで「うだつが上がる」の「うだつ」がよくわかったのが収穫だったかな。

すぐ近くに、スペインのマドリッドにあるガウディのカサ・バトリョのような建物がありました。かなり目立っていました。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

実に25年ぶりの聴講生、30人定員のところ43名、私が1番最後のキャンセル待ちで滑り込めたものです。小中高大生と違っておしゃべりすることもなく、居眠りする人もなく大変熱心で、先生も授業するのに苦労しないで、先生側にたてばその点羨ましいなあというのが感想です。

| | コメント (16) | トラックバック (0)