2016年1月28日 (木)

仏の教え・ 無財の七施

松戸の蓮行寺、小牧住職にブログで教えられた仏の教えです。

無財の七施とは、お金をかけないで功徳が積め、大きな果報が得られるという七種のお布施。

1. 眼施(がんせ)・・眼を施す
優しいまなざしで人に接し、人に暖かみを与えること。

2. 和顔施(わがんせ)・・「柔和な顔」を施す
なごやかで優しい顔つきで人に接すること。人に喜びや安心感を与える。岩崎彌太郎は社員教育におかめの面を見せて、この顔のようにいつもスマイルを絶やさないように訓示したと「知恵泉」でやっていました。

3. 言辞施(ごんじせ)・・言葉のお布施
相手と話をする時、優しい言葉や暖かみのある言葉で話すと、相手に優しさ、思いやりが伝わり、安らぎを与える。それも表面上でなく心からの言葉が大切。

4. 身施(しんせ)・・自分の体を使って、他のためにさせていただくこと。

5. 心施(しんせ)・・心のお布施。
「心配り」とか「気配り」で、相手を暖かくして差し上げる。

6.  床座施(しょうざせ)・・相手に席・場所などを施すお布施。
「徳を人に譲る」例えば、電車やバスで困っている方に席を譲ったりすること。

7. 房舎施(ぼうしゃせ) 雨・風を凌ぐところを人に与えることです。
自分のことより相手を思いやって行動していく。

全て人を思いやっていくところに「七施」があり、そこに「功徳」があります。年取ると人から受ける方が多くなるが、できることは自分からもしたいものです。

                .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

椎名誠著『ぼくがいま、死について思うこと』

椎名さんは死は怖くないと言っております。何度も死に損なっているからでしょうか。
私は、昨年7,8月とあまり食べられなくなって、初めて自分にも死がもしかして近づいているのかと考えた月でした。
いつもは寝ている間に死んだら、もういつあの世に行っても、大体仕事も遊びもやり終えた感があるので、いいなあと思っていました。
しかし死というものはそうもいかないから、死ぬ前には必ず長期間、あるいはもう少し短期間体も苦しんで、気持ちもきっと恐怖を覚えるのではないかと想像します。
死は怖くないとは堂々とは言えないです。
私はずっと元気だったので、自分の加齢や病気を素直にすぐ受け入れられなくて、それで悩んでいたのだと思います。
<全てあるがままに受け入れる>ということが今の課題であります。そして恐怖心を少しでも減らしていけるようになったらgoodです。

この本には、世界で人を葬る方法がいろいろあり、国によっても実に様々であることが載っています。
火葬、土葬、風葬、水葬、鳥葬、樹葬など。鳥葬はチベットなどで行われるが、高原で木など燃やす原料の少ない国だから火葬だけはできないとのこと。その鳥葬が、私は遺体を岩に乗せておくだけかと思っていたらなんと、猛禽類や他の動物が食べやすいように切断をするのだそうだ。遺体切断係がいるのですね。
風葬というのは風が遺体を運ぶわけでなく、野ざらし=曝葬だ。太陽と風と動物と鳥と虫が処理をするわけだ。

チェコで見た人骨でできた教会、敷地がないため髑髏を飾っているオーストリア・ハルシュタットの教会などを見てきましたが、日本にもちょっとしたのがあったのです。
宮田珠己の本に書いてあるらしいですが、大阪通天閣の近くにある浄土宗「一心寺」には人の骨で作った阿弥陀仏が安置されているそうだ。「お骨仏」という。

                 .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

縁起開運えと飴(丙申)
「丙」は盛んな様、陽気な姿を表す。
「申」は外に伸びようと発展し、物事が盛んに動く年回り
P1280001_380x285

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2014年9月 7日 (日)

ボケ防止五箇条

エイジングライフ研究所の高槻絹子氏による「ボケ防止五箇条」

(1)熱中し夢中になれる趣味や遊び
(2)趣味や遊びを通じた友達との交わり
(3)生き甲斐や喜びや感動の発見
(4)精神的な張りと緊張感のある毎日
(5)定期的な運動:1日1時間の散歩

「よく学ぶ左脳」と「よく遊ぶ右脳」と「よく身体を動かす運動脳」を三位一体化する。

若年性あるいは遺伝性アルツハイマー型認知症はこれらボケ防止は当てはまらないかもしれない。
私の場合、ちょっとした体の故障が起きると(3)の生き甲斐が薄れ、また(4)の精神的張りや緊張感がすっかり薄れてしまったことがとてもマイナスだ。
さらに病気になると五箇条全部がなくなってしまい、ボケてしまかもしれない。そのことを思って緊張しなくては。

ヤナギハナガサ(クマツヅラ科)にセセリチョウ(白銀斑が一列に並んでいるのでイチモンジセセリチョウか?)がたくさんやってきていました。大きな目が可愛い。
420x280
420x280_2

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年6月 5日 (木)

人生最期の日々をどう過ごすか

今日の雑学大学の講義のタイトルは「人生最期の日々をどう過ごすか」でした。

この頃「終活」と言う言葉も使われることが多くなったが、その意味はwikipediaでは「生前のうちに自身のための葬儀や墓などの準備や、残された者が自身の財産の相続を円滑に進められるための計画を立てておくこと」とある。
「おひとりさまでもだいじょうぶノート」も持っていて、遺言や葬儀について考え始めたところ。
そんな人も多いのでしょう、今日の講座はいつもより込み合っていました。

今日の講義はそういうことではなくて、病気で寝ている最期の日々のことです。
人生最期の日々の過ごし方について4つの質問が出されました。
①どんなことが起こるのでしょうか
②そのときどこで暮らすことができるでしょうか
③どんなサービスが受けられるでしょうか
④どんな心持で過ごしたいと思いますか

死因の一位になってしまった癌は二人に一人が罹り、三人に一人が亡くなる。人生最期の日々は癌で苦しむ人々が増えることになる。
で先生は仰る。ピンピンコロリは理想だけれども、最期の苦しみも受け入れ、その覚悟をしなければならないのではと。世の中はいいことばかりがあるのではなく、苦しみはやってくるのである。それまで幸せな時間もいっぱい持ってきたのであるから。
身体機能が低下すれば、気が滅入り生きる意欲も失われるが、気持ちの持ちようにより、今をよく味わうことにより、過去も未来も生きてくる・・・と考える。
今誰から大切に思われているだろうか?大切に思ってくれる人が誰も居そうになかったとしても自分自身がいるではないか。医者も看護師も大切に思ってくれるのではないか(そうでない場合もあるかもしれないけど)と考えるようにしたい。

今の高齢者が命を終える頃、病院や介護施設や医師や看護師の不足で、自分の理想とする最期は迎えられない人が増える。
この先生の言葉で、癌や認知症だけにはなりたくないと、あるいはまさか自分だけはならないだろうと考えたりするのが身勝手で、しかも希望的観測であって、世の中そんなに甘いものではないと知りました。
何だか反省の半日でした。

                     珍しい色のツユクサやガウラ、水連が涼やかです。
420x280
420x280_2
420x280_3

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

リビングウイル

昨日、家人がオペの間、病院から頂いたいろいろな書類や署名した同意書にゆっくり目を通していました。
その中に「リビングウイル」確認書が入っていました。
リビングウイルとは、終末期の治療に関する生前の意思表示です。
摘出した組織検査の結果が出ないとわかりませんが、今は癌や不治の病ではなくてもこんな確認書を希望する患者が病院に出せるのですね。

内容は、傷病が不治で且つ死期が迫っている場合に患者が宣言するものです。
そんな場合に徒に死期を引き延ばすための延命措置を一切お断りする、ただし、苦痛を和らげる措置は最大限にして欲しい、その措置によって死期が早まったとしても容認するという内容です。
17年前義母の場合は、「日本尊厳死協会」に入会(会費が10万円)していたので、その書類を医師に示して管を抜いていただいた経緯があります。
常々もう治り見込みのない患者の延命はやめて欲しいし、そのような場合は日本尊厳死協会に入らなければならないのかと思っていたのですが、病院で書式がいただけて提出できる。これは無駄な医療費を省けるし大変ありがたいことです。

この病院は看護師でなく看護婦と書いてあって、実際に看護師さん自身が看護婦と言っていました。私は女性の場合は看護婦さんの方が好きです。
それに熱い煎茶、ほうじ茶が紙コップで欲しいだけ頂けるので有難い。様々なスタッフの人数も多くきびきびと元気に働いていて、昨日の何とも言えない温かみのある看護婦さんに癒されてしまいました。

杏は中国原産で、寒い地方の木。昔中国の呉の国に、日本の赤ひげ先生のように貧しい人からはお金をとらないお医者さまがいて、治療を受けた人びとはせめてものお礼にと、そのお医者さまの家のまわりに杏の木を植えました。
数年後に杏の林ができたそうで、以来、”杏林”は医師の尊称になったそうだ。
日本の杏林大学や付属病院はこれに因んで付けられたそうで、やっとつながりました。

その山本周五郎の『赤ひげ診療譚』を待ちながらずっと読んでいたのですが、悪徳医師がいる一方、赤ひげ先生のような先生が今日の日本にもあちこちいらっしゃるのでしょう。東日本大震災でもこのような先生がボランティアで活躍していました。
池上彰氏の「優しい経済学」で北欧は[高福祉・高負担] 日本は[中福祉・低負担]と言っていました。江戸時代においては福祉が全然なくて、庶民の生活が実に悲惨だったのが、事実の一部でしょうがこの本を読んでもよくわかります。その時の国の成り立ちから言って当たり前な話ですが、おかみの役人のあり方が現在と変わらないのに苦笑させられました。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2011年7月14日 (木)

欠伸連発(病的?)

私は時々欠伸を連発して涙を流し続けます。1昨日数えてみたら45連発で30分以上欠伸をしていました。
自分で勝手に欠伸発作症と名付けていました。ところがこれは意識だけを失う発作のことで、てんかんに伴う症状のひとつということで、この言葉はやめて連発に変えました。
この頃結構多いので、何で眠くないのに欠伸が出るのかと「Wikipedia」で調べてみたところによると、原因は未解明とのことだ。
他のサイトにそのメカニズムが出ていて、それは
「血液中の二酸化炭素濃度が高くなると、血液の循環が悪くなり、脳への酸素供給が減り、それを回避しようと欠伸をするように脳から命令が下る」というものです。
ということは、私はどういうわけか血液循環が悪く、脳の酸素が時々減っているようです。
頻繁にある場合は、脳卒中などの脳の疾患とか睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害が考えられるそうだ。もっと頻繁になったら医者へです。

↓婿さんが上野で買ってきてくれたパンダクッキー(美味しい)
     ↓丸い形のズッキーニ(味は全く同じだがキュウリ形と違って切り方を工夫しないと大きさがまちまちになる)

Photo Photo_2

↓畑のフェンネル(ウイキョウ、セリ科ウイキョウ属) 
以前栽培している人にいただいて魚に添えたらとても美味しく感じた
インドではカレー料理に、中国では五香粉の原料に。果実は太田胃散や仁丹にも使われるから健胃作用や清涼作用がある。

Photo_3

↓お寺のヤマユリ(ユリ科)良い香りで、カサブランカに似るが赤い斑点がある。一年に一つずつ花が増えるらしい。
何といっても日本特産であり、「ユリの王様」と呼ばれる豪華なユリだ。

Photo_4

↓某コマーシャルの「この木なんの木、気になる木」に遠くから見たらちょっぴり似ていた桜の木。
格好が良いのは3つに分かれていて両端がさらに2つに分かれているからのようだ。

Photo_5

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2008年10月30日 (木)

健康診断

健康診断を受けて結果が翌日わかりました。
毎年抱えていた課題はコレステロールと中性脂肪が多いことです。
何と両方とも今年は基準値の範囲になりました。ばんざーい!早速おまんじゅうです。
思うに、山歩きや今も続けている駅ビルの階段上りが効果があったのでしょう。実証できた形です。
血圧、肺、心臓、肝臓、腎臓、糖尿など全部正常というのが信じられないですが、ただ1つ白血球がかなり少ないので風邪が長引いた時は医者に行くようにと言われただけです。

今、文化勲章受賞が決まった田辺聖子さんの『源氏がたり』を読んでいます。
原文を読まないであらすじと物語の周辺がわかって、大変楽しい読み物です。
その中の「胡蝶の巻」に女房が詠んだ歌として
 春の日の うららにさして ゆく船は
     棹のしずくも 花ぞ散りける
がありますが、武島羽衣作詞、滝廉太郎作曲の「花」
 春のうららの隅田川 のぼりくだりの船人が
 櫂のしずくも花と散る ながめを何にたとうべき
を源氏物語のこの歌から作ったということで、1000年昔の歌が「花」となって110年も歌い継がれたとは。

で、この平安貴族の女性なのですが、男子のように蹴鞠をするわけでもなく、重い十二単を着て、部屋の奥深く、じっと座って一生を送っていました。
全然運動しなかったので、和食だったでしょうが、身体に良いわけがなく、鉛の白粉も身体に悪く、より平均寿命も短かったのではないかと思います。
これは御所や大奥の女性も然り、元気に歩くということが皆無だったようで、何ともお気の毒な人生でした。

「世界の山ちゃん」で飲んだビールは、何も味噌の香りも、風味もないビールでした。

Photo

| | コメント (28) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

医療費のお知らせ

Meziro

↑メジロ    ↓紅白の花が1本の木に咲く[思いのまま]

Omoinomama

市から「医療費のお知らせ」が届いた。
その趣旨は:国民健康保険で診療を受けた場合、医療機関等へ支払われる医療費は、我々が負担する保険税と補助金等によってまかなわれている。この貴重な保険税等を有効に使うためにも、1人ひとりが自分の健康管理に充分つとめ保険診療の受け方について理解するように。参考までH17.11月からH18.10月までの医療費の額を知らせる:ということだった。

私にかかった医療費総額は83,830円(凄い多額!殆ど歯と目)
自分で払ったのは3割で25,149円、保険から58,681円
私の分として(家族の2分の1とした)払った保険税は92,000円だから92,000ー58,681で33,319円残りオーバーしなかった。少しほっとした。
こんな風に単純に計算して、保険税をどんなに使ったかを知り、無駄に医者にかからないように反省させ、健康管理につとめていくように促すお知らせと受け止めた。

とりあえず今は、転んでも易々と骨折しないように娘が買ってきてくれたCa食品を食べ、骨形成にかかせないv.c摂取、遠赤外線照射、日光浴をしていきたいと思う。

Ca2 Ca3 Ca4 Ca5_1 Ca1 Ca6 Buntann

茅ヶ崎の実家でで収穫した文旦

| | コメント (27) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

畏敬の人

Kinnsakutyuu Yakannutikiri

歩いていたらi飲食店の前にこんな看板があって可笑しくなりました。夜間打ち切り500円の方は心惹かれても、夜10時ごろまで待てそうにもありません。
亡き團伊玖摩さんは家のあちこちに「ただ今昼寝中」などのたぐいの、買ってきた木札をぶら下げていたということを思い出してしまいました。
内田百閒は玄関に「日没閉門」を掛けていたそうです。久世光彦『百閒先生月を踏む』にも百閒が「日没閉門」を「世の中に 人の来るこそ嬉けれ とは言うもののおまへではなし」に掛け替えて来訪者を玄関払いしようとしているとあります。これは文句なしに笑えました。

コーラスの仲間の友人が体の変調を感じ、医者へ行きました。
現れたいろいろな症状から癌の疑いがあるので、更に細胞検査をというのを丁寧にお断りをして帰ってきたそうです。
彼女は常々、最期は椅子に座ったまま誰にも気づかれず静かに1人死んでゆくのが理想といっている方です。
この度のことは親友に電話で告げたものの、同居のお嬢様にも告げないようです。電話では結構落ち着いていて、体を無理に手術で開いたり、薬漬けの治療は遠慮するわと言ったそうです。ご主人も同じ箇所の癌で亡くなっていて、同じだからこれも面白いわね、ですって。
もう既にリューマチと十数年闘っていて、日頃はめげずに囲碁やハーモニカに明け暮れています。昨年は一緒に2泊3日の麻雀をしたとき1人だけものすごい負けが高じていても、全然慌てず騒がず、言い訳など一切なしの、実に静かな態度で終始一貫した態度を取っていたので、この人は何ものぞと畏敬の念に打たれたものでした。

私が癌にかかったら(可能性は大いにある)どうでしょう。お先が真っ暗になり、病気の進行以前に気分的に立ち上がれなくて悪化してしまうと確信しています。癌闘病記の本をたくさん積み上げて読み、かつうろたえ、泣いている自分が見えます。
これを聞いてから半月以上もなるのに電話も見舞い状も渋っている自分が情けないです。今日は思い切って踏み出しましょう。

我が家の三カズラ
テイカカズラ、ノウゼンカズラ、フウセンカズラ
今はフウセンカズラだけが元気です。今年も可愛い種が一杯出来そうです。

Teikakazura Nouzennkazura Huusennkazura

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

餡子

基本健康診査の結果を早く聞くことが出来たのですが、1つ引っかかりました。
中性脂肪が174mg/dl(基準値30~150)で前回の157を大きく上回り要指導で注意を受けました。先生に「あまり熱心とはいえないけれども歩いている」と言ったら、「それよりケーキも勿論だが、餡子ものなんかだめですよ」と言われてしまいました。
うーむ。。。私は何を隠そう、餡子評論家になりたいくらい餡子のお菓子がケーキより好きなのです。

日本あんこ学会(会員1名、2人目になろうと思ったがやめます))の会長天野祐吉さん(広告批評家?)のブログ『天野祐吉のあんころじい』に夢中なのです。
[餡子街道を行く] [あんこ大国日本] [よ!大納言] [あんこ東と西] [おまけだあ]に納得です。天野さんはあんこがよほど好きなのですね。

しかし事態がこうなった以上、もう餡子はお付き合いのときと夢の中だけです。
手作り中華饅頭には肉餡だけで餡子は入れません。大好きな餡ドーナツにもたい焼きにも目をつむります。
一番喜んでいるのは夫です。戴いたものでも買ってきたものでも(まさか1個だけ買うわけにはいかないから)私の分まで食べられるのですから。

兎に角メタボリック症候群になっていないのは幸いでした。家の中でももっと小まめに働け!と自分に叱咤激励をしたところです。

Tyuukamannzyuu Kabotya

出来上がった中華饅頭と戴いた坊ちゃんかぼちゃ

Myouga Moroheiya

今年初の収穫、茗荷とモロヘイヤ モロヘイヤの黄色の花は毒なので全部取り去りました。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2006年3月31日 (金)

死腔

今日で365連休の2年目が終わり730連休を過ごしたことになります。
遊んでいると早いこと、早いことあっという間でした。

Oriorihana また今日で2001年5月1日から連載されていた「花おりおり」が終わりました。
足掛け5年ノートに貼り続け、全然見ないのに何のために貼り続けたのか?
こんな無駄なことばかりしているtonaです。

太極拳で習った呼吸法は死腔をできるだけなくすということです。
死腔とはガス交換に役立っていない気道の容積と定義されています。
要するに吸った酸素が全部体に送られるわけでなく、使われなかった酸素が残って淀んでずっと残る。この残ったものが死腔でこれがあると病気がちになるとのこと。だからなるべく長く息を吐いて、出してしまうのが呼吸法です。
10秒以上続けるためには毎日事あるごとに思い出してやるのがいいようです。

Yuuennti1 Yuuennti2 今日の太極拳でもじっくりやった後、西部遊園地の掬水亭でお花見の宴会でした。春休みで子どもがいっぱい遊園地で楽しんでいました。

Kurogao 太極拳服、違う色を頼んだのですが、縫う中国人があの大陸的アバウトさで朱色が来てしまって、1人目だって躊躇してしまいましたが、やっと慣れたところです。しかし実に気恥ずかしい。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧