2016年12月26日 (月)

ヘンデル「メサイア」

昨日はクリスマス。毎年年末に「第九」「クルミ割り人形」と並んで頻繁に演奏される「メサイア」。
「メサイア」はハレルヤコーラスであまりにも有名です。「第九」や「クルミ割り人形」はこの時期聴いていたのですが、「メサイア(救世主)」を殆ど全曲を聴いたのは初めてです。
家から歩いて20分の市のホールで行われました。演奏時間は約2時間半 全部演奏されたとしたらその7割くらい聴いたことになりますか。
ブロ友のだんだんさんが歌っていました。
266x380
出かける前には全然知らない内容を調べてみました。ヘンデルがイギリスに渡ってからなので、歌詞は英語だ。
3部分構成で合唱と4人の独唱者により歌われます。
第1部:預言とキリストの誕生 21曲(うち19曲)
第2部:受難と贖罪 28曲(うち16曲)・・改心した人々が神の国の到来を賛美する最後のハレルヤコーラスがやはり素晴らしい。
第3部:復活と永遠の生命 9曲(うち5曲)・・キリストを信じる者への復活の約束、最後の審判を次げるラッパが鳴り響く。信仰告白、長大なアーメン・コーラスで「メサイア」は終わる。
これらは宗教画でたくさん見てきたのでいろいろな場面が浮かんできます。
モーツァルトの教会ソナタやレクイエムやバッハの教会音楽とはまた違って、音楽で絵にあるような聖書の様々な場面を想像しながら聴くという貴重な体験でした。

こんな長丁場をだんだんさんたち合唱団のメンバーは素晴らしく歌い切りました。
4人の独唱者の歌声、いずみホールバロックオーケストラの音色もヘンデルの時代に誘われました。だんだんさん、素晴らしかったですよ。お疲れ様でした。

                         ¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
松原哲明著『新約般若心経』を読んで、三蔵法師がインドから持ち帰って訳した難しい経を更に優しく噛み砕いたこの本で、日ごろの禅を中心とした仏教の教えの一端を覗けました。
その中で四苦、「生病老死」の中の「老苦」には笑ってしまいました。というのも自分のことだからです。笑っている場合ではないのですが。その一節です。
「父母の養育を受け、年長けて強健なり。然るに次第に老いて、頭は白く歯は落ち、目は弁ぜず、耳は聞えず。盛りは去りて衰え、皮は緩み、面は皺み、百の節は痛み、歩くに苦しみを極め、座するも起つも呻吟し、憂い悲しみて心悩み、心うたた滅す」5年前はこの半分もなく、今はただ歩けるというのが唯一の救いか。

そして今問題のイスラム教、阿刀田高シリーズ『コーランを知っていますか』読みつつあります。アラーの偉大なる教えが、優しく書かれているようでわかるかも。

ところが聖書、実は学生時代聖書研究会に入ったりしたのですが、不勉強でした。そして聖書や絵などから学ぶキリスト教は、イエスの教えはさっぱり把握しておらず、旧約聖書からキリスト誕生までの覚えきれないほどの人物が出てくる歴史や、マリア様のこと、洗礼者ヨハネのこと、四大福音書記録者、受胎告知、キリスト誕生、エジプト逃避、キリストの布教活動、キリスト磔刑、復活、最後の審判にいたる場面だけしか知ってないことに気が付きました。キリストの教えとは?大抜けでした。

                          ¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
今年も娘たちが毎年買ってくれるクリスマスケーキは高野でした。美味しくて普通の倍の大きさを食べ(食べ過ぎ)、私は夕飯をパスしました。
380x253

| | コメント (16) | トラックバック (0)